FC2ブログ

ウクライナ・リーグ第23節「ディナモ・キエフ - ヴォルスクラ・ポルタヴァ」

日時:2007/04/22 18.00
開催地:ヴァレリー・ロバノフスキー(キエフ)
気温:℃
観衆
審判:主審 シレンコ(シンフェロポル) 副審 プリィマク(シンフェロポル)、オレクサンドレンコ(ヴィンニツァ) 

ディナモ・キエフ
ベンチ
監督:アナトリー・デミヤネンコ

ヴォルスクラ・ポルタヴァ
ベンチ:ログヴ
監督:ヴィクトル・ノソフ

マンオブザマッチ

(2007/04/22)
スポンサーサイト



ウクライナ・リーグ第22節「イリチェヴェツ・マリウポル 2:3(0:2) ディナモ・キエフ」

日時:2007/04/15 18.00
開催地:スタディオン・イリチェヴェツ(マリウポル)
気温:℃
観衆
審判:主審 モセイチュク(チョルノフツィ) 副審 ヴァシュタ(ロヴノ)、ヴォズニャク(ニコラエフ) 
得点:ツィフメイストルク(47)、クラスノペノフ(54)- ロドリゴ(16、90+1)、ネスマチュニー(45+1)
イエローカード:マリギン(77)、シュホフツェフ(90+1)- ユッスフ(39)、ショフコフスキー(90+4)

イリチェヴェツ・マリウポル:シュホフツェフ、クラスノペロフ、マリギン(スコバ 89)、オレフィル、ボヤリンツェフ、クラコフ、マズレンコ、エシン、コニュシェンコ(アラム・アコピャン 46)、ツィフメイストルク、クリヴォシェエンコ(アラ・アコピャン 69)
ベンチ:ログヴィノフ、サラティン、ヒバリュク
監督:イヴァン・バラン


ディナモ・キエフ:ショフコフスキー、ギオアネ(チェルナト 70)、ロドリゴ、ヴァシュチュク、ネスマチュニー、ミハリク、ユッスフ、コッレア(クレベル 63)、ロタン(ファルカシュ 82)、フセフ、シャツキフ
ベンチ:ルツェンコ、マンジュク、マルコヴィッチ、トゥーレ
監督:アナトリー・デミヤネンコ

マンオブザマッチ:ロドリゴ

(2007/04/14)
ディナモ・キエフ公式サイト
DynamoMania_com
ウクライナ・プロフットボールリーグ公式サイト

ティベリウ・ギオアネのウクライナ・リーグ第21節「ディナモ・キエフ 0:0 メタルルフ・ドネツク」後インタヴュー

ティベリウ・ギオアネウクライナ・リーグ第21節「ディナモ・キエフ 0:0 メタルルフ・ドネツク」後インタヴュー

質問:ティベリウ、今日はディナモが良くないプレーをしたのかな、それとも相手が良いプレーをしたのかな?
-今日は相手が非常に良いプレーをしました、だから僕らは勝ち点2を失いました。

質問:チームの今日のプレーにはがっかりした?
-フットボールは何でもありですから。相手が予想外に良いプレーをしたのです。が、まだまだ試合は沢山ありますし、失敗を埋め合わせられるでしょう。

質問:試合終了間際に君が少々疲れてしまったとデミヤネンコが言ったけれど、本当なの?
-ええ、観客席からでも試合終了間際に僕がやや疲れていたのがよく分かったと思います。もっと身体を作ってゆきます。

質問:どうしてディナモはこんなに多くのミスをしたのかな?
-分かりません。誰でもミスはします。もしかしたら、相手がこんなに激しくプレーするとは、誰も思っていなかったせいかも知れません。

質問:試合結果は妥当?
-そう思います。今日の僕らは勝利に値しませんでした。

質問:前半、ティベリウには決定的な得点チャンスがあったよね。どうして決められなかったの?
-技術の問題だと思います。あの時はちょっとへまをして、的を外しました。

質問:君は相手がこういうプレーをすると思っていた?
-僕個人はそう思っていなかったから、驚いたのです。相手は良いプレーをしました。

質問:君とミハリクは中盤で任された仕事に耐えられなかったようだけれど…
-今日はチーム全体がしかるべき働きをしませんでしたが、今後修正してゆきます。

質問:予定通りの勝ち点を取れなかった事はチームにどう影響するだろう?
-ハルキフで試合をした時も厳しい試合になりました。相手はリーグ3位に着けていましたから。けれど僕らが勝って、最後は全てが上手く行きました。今日は事情が違いました。メタルルフはリーグ下位にいるのに、こんなプレーをしたのです!

質問:具体的にはどこが上手く行かなかったの?
-御覧の通り、起こる事全てが裏目に出ました。もっと頑張る必要があります。

(2007/04/06)
DynamoMania_com

ティベリウ・ギオアネとタラス・ミハリクのウクライナ・リーグ第21節「ディナモ・キエフ 0:0 メタルルフ・ドネツク」後コメント

ティベリウ・ギオアネタラス・ミハリクウクライナ・リーグ第21節「ディナモ・キエフ 0:0 メタルルフ・ドネツク」後コメント

ティベリウ・ギオアネ
当然の結果だ。うちはメタルルフがこれ程凄いプレーをするとは思わずに、この試合に気持ちが十分入っていなかった。ミスが多かった。フットボールでは色々な事があるけれど、この先沢山試合があるから、そこで今日の失態を埋め合わす必要がある。僕は沢山走り回って、試合が終わる頃には少し疲れてしまった。だから監督は僕を交代させたんだ。どうして前半決められなかったか?答えは簡単、技術が足りなかったんだ。

タラス・ミハリク
厳しい試合だった。メタルルフはしっかり守って、とても激しく攻撃してきた。相手FWがもう少し上手くやっていれば、うちにとってスコアがもっと惨めになっていたかも知れない。僕らは攻撃でミスばかりしてボールを失った。そのせいで、守備の建て直しに多くの力を費やしてしまったんだ。だから組織立った攻撃がやりにくくなった。これら全てについて、きちんと結論を出す必要がある。これからとても重要な試合があるけれど、ここで勝ち点を失えば、悲惨な結末を迎える可能性が出てくる。

(2007/04/06)
ディナモ・キエフ公式サイト

ウクライナ・リーグ第21節「ディナモ・キエフ 0:0 メタルルフ・ドネツク」後両監督記者会見

ウクライナ・リーグ第21節「ディナモ・キエフ 0:0 メタルルフ・ドネツク」後両監督記者会見

ディナモ・キエフ監督アナトリー・デミヤネンコ
-厳しい試合になる事は予測していました。残念ですが、計画通りに行きませんでした。試合には不満が残っています。守備にミスがありました。十分解明してゆきます。


質問:相手監督は二人のMFとプリエモフの働きのお陰で達成できた結果だと言いましたが、そう思われますか?
-うちにもボランチはいますよ。ギオアネがプレーしましたが、試合終了間際には少し疲れていました。ブランクが長かったので、まだ本調子ではないのです。また、うちはありえないミスを犯しました。メタルルフの喜びは理解出来ますよ、アウェーでディナモに引き分けたのですから。うちの選手のミスについて具体的に述べるつもりは、現時点ではありません。試合をもっと解明する必要があります。


メタルルフ・ドネツク監督コー・アドリアンセ
質問:今日はどちらがより勝ちに近かったでしょうか?
-ディナモはメタルルフより得点チャンスを作っていたと思います。相手の方が攻撃回数が多く、攻撃的でした。とは言え、味方FWに相手よりスペースがあれば、うちの選手も前線で十分働きました。相手よりうちのFWが作ったチャンスの方が危険だったと私は思います。後半、ミトゥは絶好の機会を利用出来ずに、シュートがクロスバーを越えてしまいました。一番決定的チャンスがあったのはプリエモフですが、キーパーが良かった。キーパーが確実に入った筈の得点からディナモを救ったのです。

質問:選手のプレー内容と試合結果には御満足ですか?
-勿論です!ディナモのようなトップチーム相手に、しかもアウェーで引き分ければいつでも満足ですよ。それ以上に、うちのプレーに満足です。私は将来を見据えています。チームのバランスが取れていたのが重要です。必要に応じて選手はボールを支配し、攻撃を掛けました。今日は100%その通りにはなりませんでしたが。特にうちがボールを持っている時には。あまりに早くボールを失いましたし、思い通りにいかない時もありました。ボールをキープする時は平静であるべきです。ボールを奪われなければ、失点はありません。これは心しておくべきです。

質問:メタルルフが戦術的にディナモを上回ったのか、それともディナモが弱々しいプレーをしたのかどちらだとお考えですか?
-分かりません。CLでのディナモの試合を何試合か観ましたし、ウクライナ・リーグのDVDも観ました。ですから今日のディナモが強かったのか弱かったのかは分かりません。試合内容がはっきりしない時は、こちらが弱いのか相手が強いのか判断しにくいものです。私は自分のチームに満足していますよ。

質問:メタルルフは初めてこの様な強い相手と引き分けましたが、DFの働きには御満足ですか?
-幸運が鍵となる時もあります。前半、ディナモには絶好のチャンスが5回あって、うちは失点しかねなかったのです。

質問:メタルルフとディナモの守備についてコメントして下さい。
-守備のスタイルが違います。ディナモはスペースを広く取った守備をしましたが、うちはもっとスペースを狭く取って相手選手個々に当たりました。オコドゥワはフィジカルの強い選手です。ディナモのFWは皆速く、テクニックに優れ、常に動き回っています。しかしうちの守備が頑張りました。うちのチームでは2人の若手MF、マルシーニュとレアンドロ(デ・ソウザ)の名を挙げておきます。それからプリエモフも。プリエモフは右サイドでプレーして、攻撃に参加しました。もし得点していれば、プリエモフのプレーをもっと評価したのですが。

(2007/04/06)
ディナモ・キエフ公式サイト

ウクライナ・リーグ第21節「ディナモ・キエフ 0:0 メタルルフ・ドネツク」

日時:2007/04/06 19.00
開催地:ヴァレリー・ロバノフスキー(キエフ)
気温:6℃
観衆:10.000
審判:主審 ヴァサラス 副審 サライダリス、ゲナノス(ギリシャ) 
イエローカード:ミハリク(51)、ヴァシュチュク(58)、ロタン(89)- ゼゼ(8)、オコドゥワ(17)、チェチェル(74)、ブサイニ(87)

ディナモ・キエフ:ショフコフスキー、フセフ、ヴァシュチュク、マンジュク、ネスマチュニー、ミハリク、コッレア(ロタン 60)、ギオアネ(チェルナト 76)、レブロフ(c)、シャツキフ、ミレフスキー(マルコヴィッチ 60)
ベンチ:ルツェンコ、ドピルカ、チェルナト、ファルカシュ、マルコヴィッチ、ロタン、クレベル
監督:アナトリー・デミヤネンコ

メタルルフ・ドネツク:ヴォロビエフ、ブサイディ、ネジリ、チェチェル、ベチリ、デ・ソウザ、マルシーニュ、ミトゥ、オコドゥワ(メンドーサ 90+1)、ゼゼ、プリエモフ(コシリン 82)
ベンチ:ディシレンコヴィッチ、フェルナンデス、ナザレンコ、ヴォロヴィク、デ・オリヴェイラ、メンドーサ、コシリン
監督:コー・アドリアンセ

マンオブザマッチ:オレクサンドル・ショフコフスキー

(2007/04/06)
DynamoMania_com
ウクライナ・プロフットボールリーグ公式サイト

ウクライナ・リーグ第20節「メタリスト・ハルキフ 0:2(0:1) ディナモ・キエフ」

日時:2007/04/01 18.00
開催地:スタディオン・メタリスト(ハルキフ)
気温:14℃
観衆:28.800
審判:主審 モセイチュク(チョルノフツィ) 副審 オリシャネツキー(イヴァノ・フランコフスク)、ポノマレフ(シンフェロポル) 
得点レブロフ(28、66)
イエローカード:ハンチャルジク(24)- マンジュク(36)、ユッスフ(61)
レッドカード:ユッスフ(90+1、累積警告)

メタリスト・ハルキフ:ホリャニノフ(c)、ボルディヤン、ハンチャルジク、オブラドヴィッチ、スリュサル、パパ・グイェ、ヴァリャエフ、リクン(デデンコ 58)デヴィッチ、ンヴォハ(ダニロフ 35)、グイェ、フォミン(ダヴィドフ 78)
ベンチ:フメニュク、ホミン、バヴィッチ、ストイカン
監督:ミロン・マルケヴィッチ

ディナモ・キエフ:ショフコフスキー、マルコヴィッチ、ヴァシュチュク、マンジュク、ネスマチュニー、ユッスフ、ギオアネ、コッレア(チェルナト 83)、レブロフ(c)、ロタン(ミハリク 65)、シャツキフ(ミレフスキー 80)
ベンチ:ザフリャチコ、アラダシヴィリ、フセフ、アリエフ
監督:アナトリー・デミヤネンコ

マンオブザマッチ:セルヒー・レブロフ

(2007/04/01)
メタリスト・ハルキフ公式サイト
ディナモ・キエフ公式サイト

関連記事
[ディナモ・キエフ監督アナトリー・デミヤネンコのインタヴュー]

ドゥブル(リザーヴ)・リーグ第20節「メタリスト・ハルキフ 2:2(2:2) ディナモ・キエフ」

日時:2007/03/31 13.00
気温:10℃
観衆:1200
審判:主審 ヘレンダ(イヴァノ・フランコフスク 副審 
得点:アントノフ(11)、ダヴィドフ(30)- リンコン(39)、ミルコ(40)
イエローカード:コスチュク(32)- ミルコ(55)

ディナモ・キエフ:ザフラチコ、フェドリフ、フェドロフ(c)、ミルコ(ホルブシン 86)、イメダシヴィリ、サフネヴィッチ、リンコン(プリホチコ 75)、アリエフ、マルツヴァラーゼ(リバルチェンコ 74)、ファルカシュ、リセンコ
ベンチ:コピル、ミシチェンコ
監督:ユーリー・カリトヴェンツェフ

メタリスト・ハルキフ:フメニュク(シドレンコ 46)、キクチョフ(c)、クリロフ、セリン、シャポヴァル、コスチュク(スコロブレフ 90)、スヴェトリチュニー、バリルコ(クリヴォシェエフ 46)、カザンコフ、アントノフ、ダヴィドフ(プティフツェフ 46)
ベンチ:ヤフノ、セレダ、M.ルバン
監督:セルヒー・ラリュテンコ

(2007/03/31)
メタリスト・ハルキフ公式サイト
Ukrainian Soccer Net

ディナモ・キエフ監督アナトリー・デミヤネンコのインタヴュー

-本当に、メンバー選びには頭を痛めています。アルセナルとの練習試合で、出場選手全員が悪くない働きをしましたから、メンバー選びは楽ではありません。

質問:ティベリウ・ギオアネは90分プレー出来ますか?
-出来ると思います。ユーティリティ・ミッドフィールダーは最初から闘えまるでしょう。もしかしたら、その機会を与えられるかも知れません。

質問:フェドロフとリンコンは?
-まだ身体が出来ていませんが、もうじきでしょう。

質問:メタリストについて話して頂けますか?
-良いチームです。リーグ3位に着いているのは偶然ではありませんし、UEFA圏内も狙っています。シャフタル戦を観ましたが、感銘を受けました。フットボリストは身体がしっかり出来ていて、サイドを積極的に使い、相手の倍の活力で動きます。ですから、難しい戦いに向けて調整する事になります。

(2006/03/31)
football.ua

親善試合「ディナモ・キエフ 6:1(3:1) アルセナル・キエフ」

日時:2007/03/26 18.00
開催地:ヴァレリー・ロバノフスキー(キエフ)
審判:主審 ヴェンゲル、副審 ビッチ、ソボチュク(キエフ)
得点チェルナト(21、44)、クレベル(29)、マルツヴァラーゼ(64)、ミレフスキー(66)、ギオアネ(72)- セレズネフ(12)

ディナモ・キエフ:ルツェンコ、エッシェンコ(フェドロフ 41)、ヴァシュチュク、イメダシヴィリ、アラダシヴィリ、ギオアネ、コッレア(アリエフ 56)、チェルナト、ロタン(マルツヴァラーゼ 60)、ディオゴ・リンコン(シャツキフ 41)、クレベル
ベンチ:ボイコ、フェドロフ、アリエフ、シャツキフ、ミレフスキー、マルツヴァラーゼ、ヴォロンチェンコ

アルセナル・キエフ:キリロフ、イリニツキー、ベニィオ(リトフチェンコ 41)、チェルニコフ、エフセエフ、ブレドゥン(ザヴァロフ 53)、スタルホロツキー(ヘラシミュク 41)、フェデツキー、シャンドゥルク(キツタ 53)、ジャコビア(バタルスキー 41)、セレズネフ(ブルグレス 53)
ベンチ: デオナス、ブルグレス、キツタ、ヘラシミュク、ザヴァロフ、バタリスキー、リトフチェンコ

(2007/03/26)
ディナモ・キエフ公式サイト

...続きを読む

ドミトロ・ホルブシンのインタヴュー

-(今インタヴューは)必要ないのでは?僕はまだディナモ・キエフに来たばかりで、チームに何の貢献もしていないのですから。

質問:将来を見越してという事にしましょう。
-ディナモ行きという選択肢は、僕には嬉しい驚きでした。この様な伝説のクラブへ行く事は、全フットボリストの夢ですし、僕だって例外ではありません。子供の頃からディナモの試合は沢山観てきて、ディナモの選手の上手さに憧れたものです。その選手の中に、僕に仲間になるチャンスをくれる人がいるんて、思いもよりませんでした。他に言う事と言えば…夢を実現出来た僕はツイています。

質問:ディナモとの契約期間は?
-5年です。

質問:ドミトロ、どうしてこうも早くスタルからディナモへステップアップ出来たのでしょう?
-スタル首脳陣と話をつけてくれた代理人のお陰です。ついでですが、僕は2003年からスタルの為にプレーし続けたのです。

(2007/03/26)
football.ua

ドミトロ・ホルブシン獲得

ディナモ・キエフはスタル・アルチェフスクから20歳のMFドミトロ・ホルブシンを5年契約で獲得しました。

ホルブシンはスタルの下部組織出身で、今季前半は11試合に出、7試合はスタメン、イエローカードを4枚受けています。

昨季は14試合出場していました。

ドミトロ・ホルブシン
ポジション:MF
生年月日:1986年05月31日
身長/体重:176cm/70kg

スタル時代は16番でした。

(2007/03/23)
ディナモ・キエフ公式サイト

関連記事
[ドミトロ・ホルブシンのインタヴュー]

03月26日、ディナモ・キエフとアルセナル・キエフが親善試合

インターナショナルウィークで二週間リーグ戦がなくなりますが、その間にディナモ・キエフとアルセナル・キエフが親善試合を行う事になりました。

試合は03月26日の18.00からヴァレリー・ロバノフスキーで行われます。

(2007/03/22)

ディナモ・キエフ公式サイト

ティベリウ・ギオアネのインタヴュー

ティベリウ・ギオアネウクライナ・リーグ第19節「ディナモ・キエフ 4:0(1:0) ゾリャ・ルハンスク」の翌日に行ったインタヴュー

質問:ティベリウ、トップチームでピッチに立つ事になるとはいつ知ったの?
-ドゥブル(リザーヴ)の試合の後で。前半プレーして、ベンチに戻った後でトップチームのベンチに入る事を知らされた。

質問:ユッスフと交代する時に、アナトリー・デミヤネンコはどんな指示を出した?
-特別な指示は無かった。試合の雰囲気を感じる機会をくれたんだ。

質問:点を決めた時は驚いた?
-ああ、うん、僕はFWじゃないからね。丁度良い時に丁度良い場所にいただけさ。

質問:試合後最初にお祝いを言ってくれた人は?
-母と姉だ。3月17日は姉の誕生日だから、ゴールは姉に捧げたよ。

質問:ディナモは2年で大きく変わった?
-ファンが変わったね。以前より沢山のファンがスタンドに来てくれる。皆僕らを心から応援してくれるんだ。そして僕を温かく迎えてくれた。

質問:で、気分はどう?
-良いよ。とても良い気分だ。ディナモ-2で体調を整えたからね。これからは、多分トップチームで練習する事になるだろう。


ディナモ・キエフ副会長ヨゼフ・サボ

ティベリウが戻って私は大変嬉しく思っています。特に、ティベリウは私がディナモに連れて来た選手ですから。ギオアネはまだまだ完全なコンディションからは程遠いのですが、コンディションが戻ればディナモにとって非常に頼りになるでしょう。ティビは真のユーティリティプレーヤーですからね。

(2007/03/18)
BLIK

ティベリウ・ギオアネのウクライナ・リーグ第19節「ディナモ・キエフ 4:0(1:0) ゾリャ・ルハンスク」後インタヴュー

ティベリウ・ギオアネウクライナ・リーグ第19節「ディナモ・キエフ 4:0(1:0) ゾリャ・ルハンスク」後インタヴュー

ティベリウ・ギオアネが最後にウクライナ・リーグに姿を見せたのは2005年の7月でした。ほぼ2年、トップレベルのフットボールから離れていたのですが、これはスポーツ選手の束の間のキャリアにはかなりの時間です。けれどティビは、とキエフのファンは親しみを込めて呼びますが、ピッチに戻ってどんな仕事もこなすだけの力を取り戻しました。

ザリャ戦残り15分、ルーマニアのユーティリティプレーヤーは、お馴染みのディナモのスタディアムの芝に立って、観客の喝采を受けました。ティベリウのプレースタイルは全く変わっていませんでした。優雅で軽快で、常に頭をぴんと立てて。ディナモに来て間もない頃のギオアネはそうだったと皆記憶していますが、土曜の夕方、観衆の前に現れたギオアネもそうでした。

試合後、全く別人のティベリウにジャーナリストは驚きました。非社交的で無口な若者の代わりにジャーナリストの前に現れたのは、快活で社交的な若者でした。

質問:今日は人生で一番重要な日と言えるかな?
-人生どんな事でも起こるからね。今日は、僕のフットボール人生で一番重要な日の一つだと言える。

質問:試合後イホル・スルキスがロッカーに現れた。お祝いを言われた?
-うん、会長は試合と結果の事で全員にお祝いを言った。皆満足しているし、この先もこの調子で行けるよう頑張るよ。皆が僕にお祝いを言ってくれたけれど、今日の勝利はチームで勝ち取ったものだ。まあ、4点目には僕も貢献した。

質問:ピッチに出るのはとても不安だった?
-ピッチに何も真新しい事はないし、よく知っている事ばかりだよ。まだ完全に身体が出来ているわけではないけれど、これから2週間試合の無い日が続くから、その間にもっと調整出来る。

質問:満員の客席は支えになった?
-ファンが僕を快く迎えてくれて、とても嬉しかった。今のスタディアムは雰囲気が前より良くなった。前より人がいて、フットボールをするに理想的な状況だ。これからもファンに喜んでもらえるよう皆で頑張るよ。

質問:ティベリウがいない間にディナモは随分変わった?
-若い選手が増えたね。将来を見据えたチームだ。プレーの変化については何も言えないな。ここで一番重要なのは結果だ。

質問:リザーヴの試合ではCBをしていたけれど、今日はボランチだったね。ギオアネはいつだって名高いユーティリティプレーヤーだった…
-僕は監督に言われたポジションでプレーするように努めている。そして監督の指示を全て果たすように。

質問:君はまだ90分プレーするだけの準備が出来ていないとデミヤネンコが言っていた。練習する必要があるという事?
-僕は長いブランクがあるし、チームのトレーニングキャンプにも帯同しなかった。これから2~3週間全体練習をするけれど、その前はディナモ-2と一緒に練習していたからね。ブランクを埋めるには時間が必要だ。

(2007/03/17)
ディナモ・キエフ公式サイト

レブロフとマンジュクのウクライナ・リーグ第19節「ディナモ・キエフ 4:0(1:0) ゾリャ・ルハンスク」後インタヴュー

レブロフとマンジュクのウクライナ・リーグ第19節「ディナモ・キエフ 4:0(1:0) ゾリャ・ルハンスク」後インタヴュー

セルヒー・レブロフ

多分、前節僕らは良くないプレーをしたんだろう。この試合はファンの前で名誉挽回する必要があったから、最初からプレスをかけていった。早い時間帯の得点が良かった、それでとても助かったよ。僕らのシーズン入りがどうかは、僕には判断しかねるね。ただ、皆いつも通りだとだけ言える。

僕らにはいつも対戦相手がいる。つまり、僕らは相手に合わせてプレーをしていると言う事だ。

今日はティベリウ・ギオアネがトップチームに戻って嬉しいね。これからもっとチームの助けとなってくれるだろうけれど、本人にとって一番大切なのは、なるべく早く身体のコンディションを整える事だ。

ヴィタリー・マンジュク

僕らは監督の指示通りにしました。要求された事は全て果たしました。お気付きでしょうが、今日のDFラインはウクライナ人だけでした。重要なのは、無失点に抑えられた事です。これは精神面でもプラスになります。監督が僕らのプレーを労ってくれました。勿論、危ない場面はありましたよ。今後ミスをなくしてゆかなければ。

ザリャにてこずらされたとは言いません。相手のチャンスは基本的にうちのミスから起こったものです。ですから、今日は相手がうちに何かをしたという事は特にありません。

セットプレーは全て僕も参加しました。監督の指示です。一度僕にもチャンスがあったのですが、残念ながら得点出来ませんでした。

ザリャ戦では相手FWに付いていましたが、僕とヴラドは上手に指示を出し合いました。ヴァシュチュクとの間に問題はありません。僕らはお互いとてもよく分かり合っています。

チームにはちょっとした問題がありますが、それはメディアが僕らに過剰な視線を注いでいるからです。まあ、僕らの仕事はピッチに立って自分の力を示す事です。今日は応援してくれるファンの前で汚名を返上出来て良かった。

(2007/03/17)
football.ua

イホル・スルキス会長のウクライナ・リーグ第19節「ディナモ・キエフ 4:0(1:0) ゾリャ・ルハンスク」後インタヴュー

スルキス会長のウクライナ・リーグ第19節「ディナモ・キエフ 4:0(1:0) ゾリャ・ルハンスク」後インタヴュー

ディナモ・キエフ会長イホル・スルキス
-クラブ会長、トレーナー陣、選手には大事な任務があります。去年の秋の失敗を繰り返さない事です。今日うちが引き分けようが、勝とうが負けようが特に意味はありません。欧州カップ出場に向けチームを作る必要があります。

質問:ディナモはどうにかこうにかシーズンに入ったという感じですね?
-うちはいつもスタートが良くありません。去年はとても順調にスタートを切りましたが、あっという間に崩れました。ですから、スタートは良くない方が、少しずつ回転を上げる方が良いのです。昨秋の轍を踏むよりは。チームをフェネルバフチェ戦のままに保つ事は出来ず、全てが崩壊しました。1~2試合だけではなく、シーズン全体を通してペース配分を考えなければ。

質問:ギオアネの事は嬉しく思っておいでですか?
-今日私にとって一番嬉しいのは、ディナモがザリャに4:0で勝った事ではなく、ティベリウ・ギオアネがピッチに戻った事です。ピッチにサブリッチ、ガヴランチッチ、ディオゴ・リンコン(03/20から全体練習に参加)が戻れば競争が起こります。この事からフットボールに代えの利かない選手がいない事が分かりますが、個人的にはディオゴ・リンコンやガヴランチッチのいないディナモは想像出来間ません。ガヴランチッチはキャンプでとてもよく練習していました。守備を調整する必要があります。今日のマンジュクは堂々としていました。不安がらずに若手を信頼すべきです。前進しつつ、チームを作りたいのならば。トーナメントに参加するだけではなくそこで勝てるチームを。

(2007/03/17)
ディナモ・キエフ公式サイト

ウクライナ・リーグ第19節「ディナモ・キエフ 4:0(1:0) ゾリャ・ルハンスク」後両監督記者会見

ウクライナ・リーグ第19節「ディナモ・キエフ 4:0(1:0) ゾリャ・ルハンスク」後両監督記者会見

ディナモ・キエフ監督アナトリー・デミヤネンコ
-試合は上手く行きました。チャンスがとても多く、選手はスピードあるプレーをしました。勿論、ミスはありました。試合の前日に大切だったのは、選手に前回の失敗を忘れるようにと言う事でした。


質問:ウクライナ人だけのDFラインを敷かれましたが、この組み合わせで行こうと決められたのですか?
-時が来れば分かりますよ、今は先の事はよく分かりません。ザリャの戦術を研究して、1トップで来るだろうと予測しました。うちのオレフ・フセフは名目上DFになっているだけで、攻撃参加をし、サイドからパスを出すのが仕事です。

質問:ティベリウ・ギオアネの仕上がり具合を判断して下さい。
-勿論、まだ完全に仕上がっているわけではありません。けれど、私もギオアネの事をとても嬉しく思っています。素晴らしい選手で、色々なポジションが出来ます。これはフットボールではとても大切な素質です。ティベリウには長いブランクがありますから、これから埋めてゆく事になるでしょう。トップチームでの競争が激しくなれば、チームのプレー水準が上がります。

質問:完全に回復したのですか?
-ええ、医師がそう判断しました。

ゾリャ・ルハンスク監督オレクサンドル・コセヴィッチ
-試合へのコメントはただ一つ、スコアです。プレーそのものに関しては、うちは前半シャフタル戦より良かったのですが、2失点目を喫した後でチームが崩壊しました。恐らく、連携で息が合わなくなった部分があったからでしょう。うちの相手は決して弱くないチームで、どんな状況でも危険な相手でした。向こうは意気軒昂で、こちらはどういうわけかそれに対抗しがたかった。勝ち点はこれから取ってゆきますよ、トップリーグに残留出来るよう頑張ります。

質問:会長との問題は解決しましたか?
-私にすべき質問ではありません。私の仕事はチームのトレーニングです。家に帰れば、状況がどうなっているか分かるでしょう。うちの会長がリーグから撤退するなどと雑誌には書いてあります。そうだとしたら、どうして選手を獲得したり、今後の計画を立てたりするのでしょうか?明日首脳陣と会談します。袂を分かつ時が来るのかも知れません。

質問:ミレフスキーがピッチに出た時、「ミレフスキーに構うな!」と叫ばれましたね。何故選手にそれを伝えたかったのですか?
-フットボール上の策略ですから、公にしたくありません。私には協会に良い友人がいて、その人に、判定について私は審議しないと約束しています。スコアは怪しげですし、天候も悪い。人間は転ぶものですが、判定はザリャに有利ではありませんでした。

質問:セルヒー・コルミリツェフはザリャに来てまだ日が浅い選手です。何故コルミリツェフをキャプテンに指名したのですか?
-うちのキャプテンはチーム全体の投票で決めます。会長や監督の指名ではありません。なぜ交代させたかですか?負傷してプレーを続行出来なかったのです。

(2007/03/17)
ディナモ・キエフ公式サイト

ウクライナ・リーグ第19節「ディナモ・キエフ 4:0(1:0) ゾリャ・ルハンスク」

日時:2007/03/17 18.00
開催地:ヴァレリー・ロバノフスキー(キエフ)
気温:8℃
観衆:7.000
審判:主審 ヘレンダ(イヴァノ・フランコフスク) 副審 プリィマク(シンフェロポル)、オリシャネツキー(イヴァノ・フランコフスク)
得点シャツキフ(29)ミレフスキー(74)レブロフ(77)ギオアネ(88)
イエローカード:コルミリツェフ(57)

ディナモ・キエフ:ショフコフスキー、フセフ(アラダシヴィリ 81)、ヴァシュチュク、マンジュク、ネスマチュニー、ユッスフ(ギオアネ 77)、ミハリク、コッレア、レブロフ、クレベル(ミレフスキー 74)、シャツキフ

ベンチ:ルツェンコ、ロドリゴ、チェルナト、ファルカシュ
監督:アナトリー・デミヤネンコ

クリヴバス・クリヴィー・リフ:ニキティン、ポクロンスキー、イバンダ、サヴィン(アリスタルホフ 76)、コルミリツェフ(ホロペロフ 60)、オニシチェンコ、カメニュカ(ポポヴィッチ 56)、ドゥニッチ、ゼレンババ、フラムツォフ、チェリーゼ
ベンチ:コマリツキー、ルツェンコ、イバンダ、ドミトリエフ
監督:オレクサンドル・コセヴィッチ

マンオブザマッチティベリウ・ギオアネ

(2007/03/17)
ディナモ・キエフ公式サイト
DynamoMania_com
ウクライナ・プロフットボールリーグ公式サイト

関連記事
[ウクライナ・リーグ第19節:試合結果と順位]
[試合後両監督記者会見]
[スルキス会長の試合後インタヴュー]
[レブロフとマンジュクの試合後インタヴュー]
[ギオアネの試合後インタヴュー]
[ギオアネの試合翌日インタヴュー]

...続きを読む

ドゥブル(リザーヴ)・リーグ第19節「ディナモ・キエフ 2:1(0:0) ゾリャ・ルハンスク 」

日時:2007/03/16 14.00
気温:9℃
観衆:190
審判:主審 オレホフ 副審 ピリペンコ、ラチンシカ
得点ミルコ(75)、ヴァランコフ(69) - ズボフ(84)
イエローカードオレイニク(71)- クヴィルクヴィア(71)、ズボフ(72)

ディナモ・キエフ:ザフラチコ、ネスマチュニー(ドフヒー 46)、ドピルカ、ギオアネ(ブテニン 46)、エッシェンコ、ミルコ、モロジュク、アリエフ(ステパネツ 55)、ファルカシュ(ヴォロンコフ 46)、オレイニク(ナザルチュク 83)、クラヴェツ(マルツヴァラーゼ 65)
ベンチ:キチャク

ゾリャ・ルハンスク:イヴァノフ、ピシュル、ヤクスマニツキ-、ビリュク、シミニン、クヴィルクヴィア、エリキン、ヘンドゥ(コチェトフ 74)、ダウドフ、ズボフ、ブシュア

(2007/03/16)
DynamoMania_com
ウクライナ・プロフットボールリーグ公式サイト

パヴロ・ステパネツがディナモへレンタル移籍

CSKAモスクワ所属のパヴロ・ステパネツ(ウクライナ国籍所有)が2007年末までディナモにレンタルされる事となりました。

ステパネツは昨年もロコモティヴ・ニジュニー・ノヴゴロドへレンタルされ、26試合出場、その後CSKAへ戻り、Кубок Содружестваに参加しました。

2002年にはアンダー代表に4試合出場しましたが、今回のU-21にも選出されています。

パヴロ・ステパネツ
国籍:ウクライナ
ポジション:MF
生年月日:1987年03月26日
身長/体重:181cm/75kg

(2007/03/15)
ディナモ・キエフ公式サイト

ヴラディスラフ・ヴァシュチュクの「ウクライナ・リーグ第18節「クリヴバス・クリヴィー・リフ 1:1(1:0) ディナモ・キエフ」後インタヴュー

ヴラディスラフ・ヴァシュチュクの「ウクライナ・リーグ第18節「クリヴバス・クリヴィー・リフ 1:1(1:0) ディナモ・キエフ」後インタヴュー

質問:クリヴバスがここまで食いついてくるとは予想していましたか?
-勿論。シャフタル・ドネツクも関わっていると思うよ。

質問:どういう事ですか?
-ゴルニャーキ(管理人註:シャフタルの選手及び関係者の愛称)がクリヴバスをちょっとばかり煽っていた。

質問:クリヴバスのようなチームは守備に8人置いて、自分達のプレーをしない代わりに相手にもプレーをさせないものだと言いますね。今回はどこか違ったのですか?
-基本的にはそういうプレーをしていたよ。けれど、ピッチのあちこちで競り合ってうちにプレーをさせない一方で、ロングパスを出す余裕があったんだ。サチコがそれを受けてギギアーゼに出していた。

質問:クリヴバスの新加入選手はクリヴバスを大いに補強したと思いますか?
-僕の知る限り、クリヴバスは事実上全く新しいチームになった。悪くないチームと言うべきだね。

質問:今日は点を取りにくい試合でしたか?
-勿論勝ちたかったけれど、別の見方をすれば、土壇場で点が取れて良かったよ。

質問:ハーフタイムに監督から何と言われましたか?
-失点は忘れるように、醜態は前半だけに留めるように。

(2007/03/11)
ディナモ・キエフ公式サイト

「ウクライナ・リーグ第18節「クリヴバス・クリヴィー・リフ 1:1(1:0) ディナモ・キエフ」後両監督記者会見

ウクライナ・リーグ第18節「クリヴバス・クリヴィー・リフ 1:1(1:0) ディナモ・キエフ」後両監督記者会見

両監督の口数が少なかった為、ジャーナリストからの質問も無く、会見は監督が試合の感想を述べるに留まりました。

ディナモ・キエフ監督アナトリー・デミヤネンコ
-試合は戦いでしたが、前半のうちのプレーはとても酷く、言語道断でした。優勝争いをしているのはクリヴバスで、ディナモではないようでしたね、選手にはハーフタイムに話した事ですが。

後半は少しましで、チャンスもいくつかありましたが、私はとても不満ですよ、特に前半に。特に前半、全力で良いプレーをしたクリヴバスにお祝いを言いたく思います。


クリヴバス・クリヴィー・リフ監督オレフ・タラン
-試合には二重の印象があります。勿論、最後の最後で失点した事は残念ですが、現実を見なければ。ディナモ・キエフはディナモ・キエフなのです。選手のレベルも組織もうちとは違います。うちは10人近い選手と契約したばかりですから、このチームが出来てまだ一ヶ月も経っていません。ですから、今日は結果よりも、選手が戦術上の指示を果たし、新しいチームに適応して、何よりも気概を見せてくれる事が、私にとって一番重要だったのです。

選手が全力を出し、チームが戦術上の指示を果たした事に満足しています。この試合はうちにとって非常に重要な実戦経験でした。多くの選手にとってデビュー戦だったのですから。シーズン中、もっとこういう試合が必要だと思います。こういう試合がウクライナ・フットボール全体の評価を上げるのですから。ディナモにとっても、こういう試合はCLの準備にもってこいでしょうし、国際舞台でさらなる成功を積む助けになると思います。

(2007/03/11)
ディナモ・キエフ公式サイト

ウクライナ・リーグ第18節「クリヴバス・クリヴィー・リフ 1:1(1:0) ディナモ・キエフ」

日時:2007/03/10 18.00
開催地:スタディオン・メタルルフ(クリヴィー・リフ)
気温:7℃
観衆:18.000
審判:主審 シュヴェツォフ(オデッサ) 副審 ブクレエエフ(ハルキフ)、レフコ(チョルノフツィ)
得点:サチコ(29)- シャツキフ(90+6)
イエローカード:ブリュキュバシ(18)、コスティシン(26)、ギギアーゼ(85)、イヴァシチェンコ(90+2) - ミハリク(17)、マルコヴィッチ(45+2)、ミレフスキー(68)、エル・カドゥリ(85)、ロドリゴ(90+1)

クリヴバス・クリヴィー・リフ:バジャン、ンデレカ、ブュリュクバシ(リシツキー 74)、ヴェルニドゥブ、グラノフスキー、ブルドゥリ(コテンコ 82)、ロジュコフ、オプリャ、コスティシン、サチコ、ギギアーゼ(c)(イヴァシチェンコ 90)
ベンチ:オスタペンコ、メリニク、リシツキー、イヴァシチェンコ、エプリャヌ、コテンコ
監督:オレフ・タラン

ディナモ・キエフ:ショフコフスキー、マルコヴィッチ(シャツキフ 46)、ヴァシュチュク、ロドリゴ、エル・カドゥリ、コッレア、ミハリク、フセフ、レブロフ(c)(チェルナト 63)、クレベル、ミレフスキー(ベルケヴィッチ 80)
ベンチ:ルツェンコ、マンジュク、ネスマチュニー、シャツキフ、ベルケヴィッチ、チェルナト
監督:アナトリー・デミヤネンコ

マンオブザマッチオレクサンドル・ショフコフスキー

(2007/03/10)
ディナモ・キエフ公式サイト

関連記事
[ウクライナ・リーグ第18節:試合結果と順位]
[「ウクライナ・リーグ第18節「クリヴバス・クリヴィー・リフ 1:1(1:0) ディナモ・キエフ」後両監督記者会見]
[ヴラディスラフ・ヴァシュチュクの「ウクライナ・リーグ第18節「クリヴバス・クリヴィー・リフ 1:1(1:0) ディナモ・キエフ」後インタヴュー]

...続きを読む

ミレフスキーが女性の日を祝う

女性の日前日に、キエフ市のドニプロ区第204学校で少女ミニフットボール大会の表彰式が行われました。

この大会はディナモ・キエフとキエフ市フットボール協会の後援で、ディナモ・キエフ80周年記念として開催されました。

式典にはディナモの副会長ヴァディム・コスチュチェンコアルテム・ミレフスキーらが出席しました。

選手はマフラー、ボール、ディナモのホームゲームフリーパスという賞品を受け取り、女性人気の高いミレフスキーから一人一人薔薇を手渡されました。式典の後、30分程ミレフスキーは選手に囲まれ、サインや写真撮影に応じました。

(2007/03/07)
ディナモ・キエフ公式サイト

...続きを読む

Template Designed by DW99