FC2ブログ

第19節「カルパティ・リヴィフ - メタリスト・ハルキフ」はメタリストの不戦勝に

主力8人の病気を理由に、カルパティ側からウクライナ・プロフットボールリーグに、第19節「カルパティ・リヴィフ - メタリスト・ハルキフ」の延期申請があり、ウクライナ・プロフットボールリーグはこれを承認しました。

しかし、その後ウクライナ・フットボール協会がこれを却下、ウクライナ・プロフットボールリーグはメタリスト・ハルキフの不戦勝としました。

(2007/04/12)
Ukrainian Soccer Net
スポンサーサイト



カハ・カラーゼのインタヴュー

質問:復帰はいつですか?
-怪我はかなり深刻です。今はただランニングをするだけで、全体練習には参加していません。10日程すればチームに合流し、プレーを始めて、多分3週間位でピッチに立てるでしょう。

質問:キエフに来るだけでも来ようとは思わなかったのですか?
-とても行きたかったのですよ、キエフは僕の、言わば故郷ですから。けれど、治療と調整がありますから、クラブから許可が下りなかったのです。

質問:ここには何が残っていますか?
-一番の財産は、キエフの友達で、沢山います。付き合いが多いのはフシン、ティモシュチュクと、勿論アンドリー・シェフチェンコです。キエフにはアパートを持っていて、僕の家ですよ。

質問:差し迫った試合に話題を戻しましょう、グルジアのチャンスについての考えをお聞かせ願いたいのですが。グルジア代表には慢性的な問題があって、選手は引き分けの事ばかり話します。諦めるにはまだ早くありませんか?
-引き分けで良いなどと誰が考えるのか、僕には見当がつきません…。ウクライナは僕らの勝てない相手ではありません。試合は戦いになるでしょうし、うちがもっと良いプレーをすれば、僕らが勝つでしょう。そもそも、引き分け狙いでピッチに立ってはいけません。そんな考えの選手はうちのチームにはいませんよ。

(2006/09/06)
DynamoMania_com

ゲオルギ・デメトラーゼのインタヴュー

-フランス戦までの一週間は、皆わくわくして試合を待っていたんだ。グルジア一有名なスタディアムのボリス・パイチャーゼが改修されて、6万人収容になったから尚更だった。試合前にはミハイル・サーカシヴィリ大統領がロッカールームに来て、選手一同に成功を祈ったんだ。勿論、こんなに強いチーム相手に立派な試合をしたかったけれど、早い時間帯に2失点を蒙って、勝つ見込みはなくなってしまった。

質問:フランスには驚くべき所があった?
-多分、なかった。誰もがフランスのプレーが高レベルだと知っている。ドメニクのチームは規律がしっかりしている。各選手が、自分に求められている事を知っていて、監督の指示をきっちりと果たす。フランスはうちよりずっと強くて、あらゆる面で上回っていた。このグループの大本命だと思うよ。

質問:試合中、ゲオルギには悪くないチャンスが二度あったね。どうして決められなかったの?
-一つ目は相手のキーパーが素晴らしいプレーで僕の近距離からのシュートを弾いてしまった。二つ目は、少し運が悪かった。ペナルティーエリアから蹴ったんだけれど、バーに当たったんだ。

質問:カラーゼがいないから、守備が弱くなってしまったのかな?
-勿論。カハはグルジア一の選手なのに、そのカハがいなかったんだ。カラーゼなしではうまくゆかないし、仲間を動かせるリーダーがいないんだ。キエフでも代表の手助けは出来ないと思う。怪我で、安静が必要だから。

質問:いつキエフに出発しますか?
-月曜16時の便でトビリシを発つよ。次の試合に向けて、皆大いに燃えている。多くの同胞がトビリシからキエフへ行くけれど、使う飛行機はたった3機だ。ウクライナ在住のグルジア人は沢山いるから、その人達はきっと僕らを応援したくてうずうずしているだろうね。僕らのキエフでの目的は、勝利だ。試合がどうなるかは分からないけれど、全てのファンが忘れられないフットボールを見るよ。

(2006/09/04)
メタルルフ・ドネツク公式サイト

エフゲン・クチェルフスキー氏逝去

ドニプロ・ドニプロペトロフスクのスポーツダイレクター、エフゲン・クチェルフスキー氏が08月27日12.00、車でリザーヴの試合に向かう途中で、トラックに追突され、搬送先の病院で逝去されました。63歳でした。

ドニプロ・ドニプロペトロフスクの栄光はほぼ全てエフゲン・クチェルフスキー氏の名と共にありました。氏は1998年にチームをソヴィエト王者とし、1987年と1989年には準優勝を果たしました。2001年と2004年にはウクライナ・リーグで3位入賞し、1989年にはソヴィエト杯を獲得しました。2003年と2004年にはウクライナ最優秀監督に選ばれました。

(2006/08/27)
ドニプロ・ドニプロペトロフスク公式サイト
Ukrainian Soccer Net

フットボール界にとって大きな損失であり、とても悲しい事です。
心より御冥福をお祈り申し上げます。

カハ・カラーゼのインタヴュー

質問:カハ、グルジア代表の大勝利(管理人注:16日に合いてホームで行われた欧州予選で、フェロー諸島を6:0で降しました)には驚いた?
-いや、フェロー諸島は弱いチームだから、うちは勝たなければならなかった。スコアは何の意味もないよ。何点取っても良いものだけれど、大事なのは勝ち点3だ。

質問:このレベルのチームはグルジアにとって問題ないって事?
-こういうチームと戦う時は、ファンは勝利を期待するからね。それで、絶対に勝たねばならないと考えながらピッチに立つ事になる。負けや引き分けは真の悪夢だね。だから、こういう試合の方が精神的にはずっと厳しい。その上、フェロー諸島の天候はあまり良くないんだ。仲間はよくやったよ。

質問:ウクライナやイタリア相手よりも、フェロー諸島相手の方が気合が入りにくい?
-勿論。イタリアやフランス、ウクライナ相手なら全く簡単に気合が入る。実際の所、僕はウクライナでプレーしていたし、今はイタリアでプレーしているから、どちらにも友達がいる。ピッチでは関係ないけれどね。

質問:ウクライナとイタリアではどちらにより親近感を感じる?
-ウクライナには18際の時に行って、とても素晴らしい歳月を過ごして、ディナモでいっぱしのフットボリストになった。でも今はもう6年もイタリアにいるからね。どちらにより親近感を感じるって?どちらも僕にとってはグルジア同様、故郷の様なものだよ。

質問:グルジアの予選グループをどう思う?
-イタリアとフランスという強国がいるのだから、あまり良くはないね。厳しいだろう。僕らでイタリアやフランスに太刀打ち出来るかな?不可能な事は何もないけれど、W杯決勝進出国を倒すのは難しいね。でも、相手にとっても、うちとやるのは難しいと思うよ。

質問:今の代表監督クラウス・トップメラーはどう?
-素晴らしい人物だよ。社交的で、選手ととても良い関係を築いている。色々なチームで監督として結果を出してきた人だから、グルジア代表に成功をもたらしてくれると期待している。

質問:トップメラーは戦術面で優れているの?それとも、チームに規律を植えつける事が主な仕事だろうか?
-トップメラーの戦術はなかなかのものだ。けれど、規律がなければ、戦術は何の役にも立たない。プレー上の規律こそ、まさに僕らに足りなかったものだ。これまでの所、キャンプでの規律は保たれているよ。

質問:グルジア人やブラジル人にパスワークをさせる事は難しいと考えられている。トップメラーはこれに対して対策を取っている?
-勿論、戦術練習では常にチームプレーを最重視している。近代フットボールでは最重要項目だからね。W杯でのブラジルを見たけれど、皆ブラジルが勝つと思っていたよね、とても優れたフットボリストがいるから。けれど、チームとしては何も出来なかったんだ。

質問:フェロー諸島相手には怪我で出場出来なかったね。いつピッチに立てるの?
-最近ランニングを始めた所だから、二週間後には練習を始めると思う。

質問:じゃあ、ウクライナ戦には出られるの?
-どうだろう、もしも脚が完全に回復したら、必ず出るよ。

質問:じゃあ、そうならなかった場合でもキエフには来るの?
-もし脚に痛みが残っていたら、治療を受けなくてはいけない。そうなったら行けないね。

質問:シェフチェンコのチェルシー移籍はどう思う?
-僕もアンドリーの事を嬉しく思うよ。移籍したがっていたし、その通りになったんだ。けれど、ミランからこれ程のフットボリストがいなくなったのは残念だね。

(2006/08/18)
football.ua

フェロー諸島戦に向けたグルジア代表発表

08日、2008欧州予選フェロー諸島戦に向けたグルジア代表が発表されました。試合は16日に行われ、トップメラー監督の初采配試合でもあります。

カハ・カラーゼは負傷の為招集されていません。代表は13日にコペンハーゲン着、翌日フェロー諸島へ向かう予定です。

GK:ゲオルギ・ロマイア(ルチ・エネルギア)、グリゴル・チャントゥリア(ゼスタフォニ)

DF:ズラブ・ヒザニシヴィリ(ブラックバーン)、オタル・ヒザネイシヴィリ(フライブルク)、ダヴィド・クヴィルクヴェリア(メタルルフ・ザポリジャ)、ラシャ・サルクヴァーゼ(ルビン)、カハ・アラダシヴィリ(ディナモ)

MF:レヴァン・ツキティシヴィリ(パニオニオス)、レヴァン・コビアシヴィリ(シャルケ04)、ジャバ・カンカヴァ(アルセナル・キエフ)、ゴギタ・ゴグア(スパルタク・ナルチク)、ゴガ・ガホキーゼ(トヴェンテ)、スラブ・メンテシャシヴィリ(シンニク)、マルハズ・アサティアニ(ロコモティヴ・モスクワ)

FW:アレクサンドル・イアシヴィリ(フライブルク)、ゲオルギ・デメトラーゼ(メタルルフ・ドネツク)、ショタ・アルヴェラーゼ(AZ)、オタル・マルツヴァラーゼ(ディナモ)

(2006/08/08)
DYNAMO KYIV page by Shurik

ルジュニーがベルカンプ引退試合に出場

1999年から2003年までイングランドのアーセナルに在籍したアシスタント・トレーナーのオレフ・ルジュニーが、22日行われたベルカンプ引退記念試合に参加しました。

この試合はアーセナルの新スタジアム、「エミレーツスタジアム」のこけら落としでもあり、54.000人収容のスタジアムは満員となりました。

前半45分は今のアーセナルとアヤックスが、後半45分は両チームのレジェンドが戦いました。

ベルカンプ引退記念試合
アーセナル 2:1 アヤックス
得点:アンリ 55、カヌー 80 - フンテラール 37

アーセナル(前半):マニュエル・アルムニア、ジャスティン・ホイト、パスカル・シガン、マシュー・コノリー、アルマン・トラオレ、アレックス・フレプ、アレックス・ソング、マチュー・フラミニ、ライアン・スミス、デニス・ベルカンプ、ジェレミー・アリアデール
サブ:アート・プーム、セバスティアン・ラーション、ニクラス・ベントナー、ファブリス・ムアンバ、ジョー・オセアルイル・マーク・ランダル、ヴィンセント・ヴァン・デン・ベルグ、アルトゥロ・ルポリ、アンソニー・ストークス

アーセナル(後半):ダヴィッド・シーマン、リー・ディクソン、ナイジェル・ウィンターバーン、sティーヴ・ボールド、ジル・グリマンディ、マルク・オーフェルマルス、エマヌエル・プティ、エドゥ、レイ・パーラー、デニス・ベルカンプ、ティエリー・アンリ、イアン・ライト、オレフ・ルジュニー、ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト、アレックス・マニンガー、パトリック・ヴィエイラ、グレン・ヘルダー、カヌー

アヤックス(前半):マーテン・ステケレンブルグ、ズデネク・グリゲラ、ジョン・ヘイティンガ、ヤープ・シュタム、トーマス・フェルマーレン、ヘドウィッジス・マドゥロ、ケネット・ペレス、ウェズリー・スナイデル、ヤン・フェルトンゲン、トム・デ・ムール、クラース・ヤン・フンテラール
サブ:オラフ・リンデンベルフ、ウルビー・エマヌエルソン、ジョージ・オガルル、ライアン・バベル、エドガル・ムンチャリヤン、ロバート・シルダー、マルクス・ローゼンベリ

アヤックス(後半):エドウィン・ヴァン・デル・サール、スタンリー・メンゾ、ダニー・ブリンド、ヴィム・ヨンク、フランク・デ・ブール、マルシアノ・ヴィンク、アーロン・ウィンター、ロナルド・デ・ブール、エドガー・ダーヴィッツ、ヤン・ヴォウタース、ステファン・ペテション、ブライナ・ロイ、ヨハン・クライフ、フランク・ライカールト、マルコ・ファン・バステン

(2006/07/22)
アーセナル公式サイト

放送予定はこちらのスカパー・ブログで御確認下さい。

...続きを読む

マルツヴァラーゼ代表デビュー

マルタで開催中のCoca-Cola & Multiplus International Tournamentでトップメラー監督の初采配となった「モルドヴァU-21-グルジア」で、オタル・マルツヴァラーゼが代表デビューを果たしました。しかし結果は大変なものとなってしまいました。

モルドヴァU-215:1グルジア
得点:ジスリス 5、13、アレクセエフ 48、ナマスコ 55(PK) - ツキティシヴィリ 18(PK)
レッドカード:ヒザニシヴィリ 55、アサティアニ 87

グルジア:レヴァズ・テヴドラーゼ、マテ・グヴィニアニーゼ、カハ・マハラーゼ、ズラブ・ヒザニシヴィリ、レヴァン・ツキティシヴィリ、アレックス・ベナシヴィリ(ダヴィド・ムチェドリシヴィリ 59)、ジャバ・カンカヴァ(レヴァン・コビアシヴィリ 46)、マルハズ・アサティアニ、ギオルギ・チェリーゼ(レヴァズ・ゴツィリーゼ 46)、ダヴィド・ムジリ、ベカ・ゴツィリーゼ(オタル・マルツヴァラーゼ 46)

マルタを破ったモルドヴァU-21が13回目のトーナメントを制しました。

(2006/02/28)
Ukrainian Soccer Net

ヴャチェスラフ・フロズニーのアリエフについてのコメント

メタルルフ・ザポリジャ監督ヴャチェスラフ・フロズニー
アルセナル・キエフで仕事をしていた頃から既に、アリエフの獲得を望んでいました。私のフットボール観にぴったりの選手です。ピッチ上で考えてプレーをし、技術とスピードがあります。アリエフには成功する為の全てが備わっています、チフリンスキーやシチョフ、フセフやその他の私が指導してきた多くの若手と同様に。サーシャは理想的なリーダーですから、トップ・リーグでのザポリジャの試合でもっと精神的に強くなる必要があります。お手本となる様なゴールを決め、リザーヴや下部リーグではなく、トップレベルでの試合を楽しんでくれればと思います。ディナモ・キエフの協力に感謝していますし、アリエフにトップ・リーグで力を発揮する機会を与えたディナモ・キエフの行動は正当だったと思います。

(2006/02/10)
メタルルフ・ザポリジャ公式サイト

ショフコフスキー、ラシュトゥヴカ、カラーゼと愛犬



「ソーニャは練習場に連れて行くまで僕が分からなかったんだ」

キーパーのオレクサンドル・ショフコフスキーヤン・ラシュトゥヴカは有名な愛犬家です。ショフコフスキーは余暇をヨークシャー・テリアのソネチカと散歩して過ごすのが好きです。ソネチカにはすぐに友達のベアトリサが見付かりました。「ソーニャは悪い子で、物凄く舐めてくるの」とショフコフスキー婦人のオーリャは冗談を言います。「ソネチカは2.5kgもあって、本当に男らしい雌犬だ!」とディナモのキーパーが冗談を続けます。オレクサンドルが打ち明けてくれたのですが、練習場のコンチャ・ザスパへ連れて行くまで、ソーニャはオレクサンドルの事が分からなかったそうで、会う度に怯えて震えていたそうです。それからソネチカはしょっちゅう旅行に同行するようになり、ヤルタでの夏のキャンプにも同行していました。

ヤン・ラシュトゥヴカの家には3匹のダルマシアンがいます。「始めは一匹だけだったけど、それからお嫁さんを飼って、子犬が産まれた。子犬は一匹残して、後は友達に譲った。家に犬3匹は多いね。だから僕が練習に行っても妻は退屈しないよ」とシャフタルのキーパーは話します。

「犬を育てるのは、子供を育てるのと同じだ」
ミランのディフェンダー、カハ・カラーゼはこう話します。「今僕はラブラドール・ベルン(管理人注:原文「лабрадор Берни」のままです。どういう犬種か分かませんでした)を飼っている。とても賢くて優しい犬で、相談に乗ってもらえるんだ、何でも分かるから。あまり会えないのが悲しいよ。国に帰る時だけだ。ミラノでは一人で暮らしているから、犬を自宅で飼えない-犬がおかしくなってしまうよ。それで両親に預けた…。総じて、犬は僕の大事な元気の素だ。犬を育てるのは、子供を育てるのと同じだ。僕の人生にはいつも犬がいた…。例えばキエフではイングリッシュ・ブルドッグのイーネイを飼っていて、小さいけれどとても立派だった。アンドリー・シェフチェンコと一緒に市場で買ったんだ。」

(2005/12/26)
ディナモ・キエフファンクラブ公式サイト

レヴァン・カラーゼ誘拐事件新情報か



ACミラン所属のグルジア代表DFカハ・カラーゼの弟で、2001年05月誘拐されたきり行方不明となっているレヴァン・カラーゼ氏について新情報が発見されたという。

12月14日に行われた記者会見で、エドァルド・ココイティ南オセチア共和国大統領が明らかにした所によると、南オセチア司法当局はこの誘拐事件の手掛かりとなる資料をグルジア司法当局に提供する用意があるとの事。同大統領によるとグルジア政府高官もこの事件に関与しているとの事だが、記者会見ではそれ以上の言及は避け、別件逮捕された容疑者への尋問からこの事件に関する情報が得られたとだけ話した。

(2005/12/24)
DYNAMO KYIV page by Shurik

ティモシュチュクがリーグ200試合出場達成



アナトリー・ティモシュチュクが12月05日の「シャフタル - ハルキフ」戦でリーグ出場200試合を達成しました。

さらに、リーグ30得点目に当たるゴールも上げています。

ソース
Ukrainian Soccer Net

ドイツW杯ではスマートボール導入されず



12月05日、ドイツW杯ではスマートボールが導入されない事、及び世界クラブ選手権で試用しない事をアディダスが発表しました。

ソース
Ukrainian Soccer Net

関連記事
ブラッターFIFA会長のスマートボール導入に対する考え

ミルチャ・ルチェスク監督の謝罪



ミルチャ・ルチェスク監督のドニプロ - シャフタル戦後の記者会見より

-今日の試合について話す前に、少々別の話をしたい。まず第一に、ディナモ・キエフの選手とトレーナー陣に謝罪したい。何よりもまず、私の言葉は誤解されて、議論が現在全く正しくない方向で続いている。私は長年フットボールに携わってきたが、常に選手とトレーナーには敬意を持って接してきた。良い結果を出す事がどれ程大変か、経験で知っているからね。ディナモの選手やトレーナーに苦情があるのではない。私がいつも問題にしているのは、フットボールを現在支配しているシステムだ。こんなものに存在価値があるとは思わない。この様なものが今後も存続すれば、ウクライナからフットボールがなくなるだろう。

今日の試合も例外ではない。ファールだらけだった。審判は9枚もカードを出した。そんなにあってはならない。私はつい先日フランスのソショーへ、地元のチーム、レンヌの試合を観に行っていた。ウクライナの試合に比べるとファールが非常に少ない。結果として試合はスタディアムのファンもテレビの前のファンも楽しめるものだった。残念ながらウクライナでは全てがこの様にゆく訳ではない。ヴォリン戦後、我々はセイハンを失った。今日もまだヒュプシュマンがいない。そのお陰で、シャフタル2からコロテツキーを呼ばざるを得なかった。

ウクライナ人選手は大変頑張ってプレーしている。ウクライナ人選手の潜在能力は高いが、システムが全てを台無しにしている。私はこの国に、ウクライナ・フットボールの手助けをする為にやってきた。いつまで自分がここにいるのか、私には分からない。しかし、問題提起をしたいと思う。

(2005/11/28)
ソース
シャフタル・ドネツク公式サイト

関連記事
ルチェスク・シャフタル監督の15節シャフタル - ディナモの判定に対する抗議声明と、それに対するデミヤネンコ・ディナモ監督代理の反論
ウクライナ・フットボール協会調査委員会、シャンドル主審の無罪を認める。

ブラッターFIFA会長のスマートボール導入に対する考え



FIFAのブラッター会長はスマートボールにあまり乗り気ではない様です。

22日にブラッター会長はスマートボール使用を支持せず、審判の誤審と共存すべきだとロイターに示唆しました。

「私は試合のルールに関しては非常に保守的だ。我々はミスと共存した方が良いのではなかろうか。選手や監督のミスだけではなく、審判のミスともね。試合はあるがままにしておこう」

「試合のルールは万国共通である事が重要で、フットボールがあまりに科学的になるのは避けるべきだ」

ブラッター会長はU-17世界選手権でのテストだけでは不十分とし、来月またテストを行うと話しました。

「テスト結果は悪くはなかったが、まだ結論は出せない。そこで、12月に日本で行われる世界クラブ選手権で二度目のテストをする予定だ」

「そこで、2010年のW杯で導入すべきかどうかが分かるだろう」

ソース
Ukrainian Soccer Net

シャフタル公式サイトにゲストブック開設



今日、シャフタル公式サイトにゲストブックが出来ました。可愛いシャフタル(炭鉱労働者)のキャラクターがいます。あまりに可愛いので紹介してしまいました^^;

シャフタル・ドネツク公式サイト

これからU-21の記事と、ルチェスク監督の声明を読んでゆく予定です。

Template Designed by DW99