FC2ブログ

チェルノブイリ被災児との新年交流会



毎年恒例のチェルノブイリ被災児との新年交流会が開かれました。チェルノブイリ原発事故で被災した子供達と保護者が招かれ、子供達は新年劇を見て、お菓子と記念品の入ったプレゼントをもらいました。

交流会にはウクライナ・フットボール協会会長フリホリー・スルキス、ディナモ・キエフ会長イホル・スルキス、ヴラディスラフ・ヴァシュチュク、マクシム・シャツキフ、オレフ・フセフが出席しました。

イホル・スルキス
-まず第一に、来る年小さな友人が健康である様お祈りしたく思います。選手がピッチで全力を出し、私達は素晴らしい試合と勝利で皆さんを喜ばせる事が出来ました。皆さんが我らがチームを惜しみなく応援下さってとても嬉しいです。このチームは皆さんにとってはもう家族同然と確信しています。

ヴラディスラフ・ヴァシュチュク
-来年が、僕らが一緒に今年獲得した以上のものを得られる、もっと素晴らしい年になります様に。今僕らは準備中ですが、3月初旬、ディナモの試合でまた会えます。

参加者は公式マフラーを受け取り、ファン・クラブのアンケートに記入しました。来年度は「ウクライナの子供の為のディナモ!」計画の一環として、ファン・クラブ加入の小中学生用無料席がホーム・ゲームに設けられます。

(2005/12/30)
ディナモ・キエフ公式サイト

...続きを読む

スポンサーサイト



オレフ・フセフが2011年まで契約更新 (BlogPet)

今日、Lioが
少々計画シャツキフから逸れますが、御承知の様に、日程上ウクライナ・リーグ最終節は05月14日に、ウクライナ・カップ決勝は05月10日に行われる事になっています。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Максим」が書きました。

オレフ・フセフがウクライナ・リーグ最優秀選手に



КОМАНДА』誌によるウクライナ・リーグ最優秀選手にオレフ・フセフが選ばれました。

01:オレフ・フセフ:ディナモ・キエフ:177
02:アナトリー・ティモシュチュク:シャフタル・ドネツク:173
03:マツザレム::シャフタル・ドネツク:166
04:オレクサンドル・ショフコフスキー:ディナモ・キエフ:141
05:ルスラン・ロタン:ディナモ・キエフ:139
06:ディオゴ・リンコン:ディナモ・キエフ:65
07:セルヒー・レブロフ:ディナモ・キエフ:60
08:アラ・アコビャン:スタル・アルチェフスク:51
09:ヴァシリー・サチコ:ヴォリン・ルツク:46
10:ブランドン:シャフタル・ドネツク:43

(2005/12/30)
ディナモ・キエフ公式サイト

更新記録



[ウクライナA代表とU-21代表の来年度の計画]更新しました。

オレフ・フセフが2011年まで契約更新



オレフ・フセフが28日、2011年01月02日までディナモとの契約を更新しました。

意見の一致を見、イホル・スルキスとオレフ・フセフは満足そうで、喜んで質問に答えました。

質問:イホル・ミハイロヴィッチ、12月にはエル・カドゥリがバイエルンへ「移籍する」と噂されました。今また新たな「移籍話」です…
-御存知の様に、ミランがオレフに興味を持っているとイタリア人が騒ぎ立て、ウクライナのジャーナリストがさらに騒ぎを大きくしたのですが、良い面もあります。第一に、オレフにとって宣伝になりました。イタリアのビッグクラブがオレフの為に用意したとされる金額(管理人注:約9億8千万円)は、我々が皆知っている様に、フセフが欧州クラスの選手であると証明しています。しかしオレフはここディナモで欧州を制覇したいと何度も私に言っています。もしオレフにその機会を与えなければ、私は悪い会長でしょう。オレフにとって、5年はその機会を得るに十分な時間だと思います。

質問:オレフ、正直に言って、ミランの自分への興味が「デマ」だと分かった時はがっかりした?
-全然。この「デマ」がウクライナに入る前から、僕とイホル・ミハイロヴィッチは契約更新の可能性について話し合っていたんだ。暖かい地方から戻って、先週末、スミの両親の所にいた時、イホル・ミハイロヴィッチから電話があった。会長の提案に対して長く悩む事はなく、前もって同意したよ。僕らの話し合いを誰も邪魔しなかった事が、今とても嬉しい。「デマ」も含めてね。この「デマ」はイタリア流の新年ジョークだと思っているよ。今はニュースが少ないから、新聞記者は書く事がなくて、「ニュース」を考え出すんだ。

(2005/12/28)
ディナモ・キエフ公式サイト

...続きを読む

デミヤネンコ始動



UAEでの短い休暇から戻るとすぐに、アナトリー・デミヤネンコは仕事に取り掛かりました。

アナトリー・デミヤネンコ
-アシスタント達と一緒にキャンプの全日程を組みました。初日から最初の公式戦まで丁度二ヶ月あり、この時間を最大限に、効果的に役立てる必要があります。キエフで01月05日から09日まで「普通の練習」、つまりボールを使わない練習、クロスカントリーやエアロビクス、様々なテストをします。最初にボールを使った練習をするのはアブ・ダビで、そこには10日に発ちます。

予め言っておきますと、UAEには25人の選手が向かいます。100%自信を持っては言えませんが、その中に新加入選手がいる可能性がなくもありません。在籍期間に関わらず、どの選手にも自分の力を示すチャンスがあります。UAEではテストマッチを二試合行い、17日の初戦対戦相手はFKモスクワです。24日にもう一試合あります。今担当が適切な相手を探しています。

医師の言葉によれば、セルビア人ゴラン・ガヴランチッチとマリアン・マルコヴィッチが全体練習に参加出来るとの事です。キーパーのタラス・ルツェンコに関しては、年末には練習を始めます。放出と獲得について話すにはまだ早過ぎます。候補者については会長と一緒に決定します。オレフ・ヘラシミュクのヴォリンへのレンタルが終了しましたが、若者の成長にはトップ・リーグでの実戦経験が必要で、ディナモではそれを保証出来ません。ヴィタリー・レヴァとユーリー・ドミトルリンは別のチームを見付ける事になるでしょう。これは準備段階での情報ですから、具体的な話をするのは来年の頭、休暇を終えた時になるでしょう。

(200512/27)
ディナモ・キエフ公式サイト

ヴィクトル・コロトフ記念トーナメントでディナモ・キエフが優勝



12月23日~24日に行われた1993年生まれの少年チームが参加するヴィクトル・コロトフ記念トーナメントで、ディナモ・キエフが優勝しました。結果と順位は以下の通りです。

23日(金)
準決勝 ディナモ・キエフ 8:0 ヴォルスクラ・ポルタヴァ
準決勝 FK オトラドノエ・キエフ 3:1 FK テルノポル

24日(土)
3位決定戦 FK テルノポル 1:0 ヴォルスクラ・ポルタヴァ
決勝戦 ディナモ・キエフ 3:1 FK オトラドノエ・キエフ

1位:ディナモ・キエフ
2位:FK オトラドノエ・キエフ
3位:FK テルノポル
4位:ヴォルスクラ・ポルタヴァ

トーナメントは1975年のディナモを始め、60~80年代のスター選手が観戦しました。表彰式にはスルキス会長とコロトフの友人が大勢出席しました。

このトーナメントは今後毎年開催される事となります。

(2005/12/26)
ディナモ・キエフ公式サイト

С днём рождения, Милош!



今日はミロシュ・ニンコヴィッチの21回目の誕生日です。

С днём рождения, Милош

レヴァン・カラーゼ誘拐事件新情報か



ACミラン所属のグルジア代表DFカハ・カラーゼの弟で、2001年05月誘拐されたきり行方不明となっているレヴァン・カラーゼ氏について新情報が発見されたという。

12月14日に行われた記者会見で、エドァルド・ココイティ南オセチア共和国大統領が明らかにした所によると、南オセチア司法当局はこの誘拐事件の手掛かりとなる資料をグルジア司法当局に提供する用意があるとの事。同大統領によるとグルジア政府高官もこの事件に関与しているとの事だが、記者会見ではそれ以上の言及は避け、別件逮捕された容疑者への尋問からこの事件に関する情報が得られたとだけ話した。

(2005/12/24)
DYNAMO KYIV page by Shurik

更新記録



[マクシム・シャツキフが2005年度ウズベキスタン最優秀選手に]
更新しました。
[マクシム・シャツキフのオンライン・インタヴュー]
も少し増えています。

更新記録 (BlogPet)

Максимは更新するつもりだった。
Lioは更新したかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Максим」が書きました。

更新記録



[アナトリー・デミヤネンコが監督就任]
を更新しました。

...続きを読む

ヴィクトル・コロトフ記念トーナメント



1975年のディナモ・キエフを率いた伝説のフットボリスト、ヴィクトル・コロトフ(2000年01月03日逝去)記念したトーナメントが12月23日~24日に行われます。参加するのはウクライナ各地の1993年生まれの少年チームです。

ヴィクトル・コロトフは五度ソヴィエト王者となり、ソヴィエト・カップを二度獲得し、UEFAカップとUEFAスーパーカップを獲得しました。1972年と1976年のオリンピックでは銅メダルを獲得し、ソヴィエト代表として50試合以上出場しました。ディナモ・キエフとソヴィエト代表のキャプテンを務め、トレーナーとしても少なからぬ成功を収めました。

死後フットボール界での顕彰が始まり、このトーナメントもその一環と考えられます。同トーナメントは今後毎年開催予定です。

日程
23日(金)
開会式
14.00 準決勝 ディナモ・キエフ - ヴォルスクラ・ポルタヴァ
15.00 準決勝 FK オトラドノエ・キエフ - FK テルノポル

24日(土)
11.00 3位決定戦
12.00 決勝戦
表彰式と閉会式

(2005/12/22)
ディナモ・キエフ公式サイト

マクシム・シャツキフが2005年度ウズベキスタン最優秀選手に



マクシム・シャツキフ2005年度ウズベキスタン最優秀選手に選ばれました。2003年度に次いで二度目の受賞です。

順位:名前:所属クラブ:得点(1位、2位、3位)
01:マクシム・シャツキフ:ディナモ・キエフ:373(95-31-26)
02:ミルジャロル・カシモフ:マシャル:304(47-53-57)
03:アンヴァル・ソリエフ:パフタコル:261(30-70-31)
04:エフゲニー・サフォノフ:シンニク:79(12-10-23)
05:アレクサンドル・ゲインリフ:パフタコル/トルペド:39(3-8-14)
06:アクマル・ホルマトフ:ネフトチ:26(4-6-2)
07:セルヴェル・ジェパロフ:パフタコル:24(5-2-5)
08:ティムル・カパーゼ:パフタコル:21(2-0-15)
09:ダヴロン・ファイジエフ:ナサフ:16(4-0-4)
10:アンドレイ・フェドロフ:ルビン:12(1-4-1)
11:ザファル・ホルムラドフ:ナサフ:12(0-2-8)
12:シュフラト・ミルホルディルシャエフ:マシャル:11(1-4-0)
13:マラト・ビクマエフ:クリルヤ・ソヴェートフ:11(0-4-3)
14:ルジクル・ベルディエフ:ナサフ:9(1-3-0)
15:ウラディミル・ラドケヴィッチ:ウラル:8(1-2-1)
16:アスロル・アリクロフ:パフタコル:8(0-2-4)
17:アンヴァル・ベルディエフ:ネフトチ:6(0-2-2)
18:イグナティー・ネステロフ:パフタコル:5(1-1-0)
19:ナグメトゥラ・クティバエフ:キジルクム:4(1-0-1)
20:バフティエル・アシュルマトフ:パフタコル/クリルヤ・ソヴェートフ:4(0-1-2)
21:ラヴシャン・バザロフ:トゥパラング:3(1-0-0)
22:ヤロスラフ・クルシェルニツキー:ナヴバホル:2(0-1-0)
23:ヌモン・ハサノフ:トラクトル:2(0-1-0)
24:ハムザ・カリモフ:ブハラ:2(0-1-0)
25:イリアス・ゼイトゥルラエフ:レッジーナ:2(0-1-0)
26:アレクセイ・ニコラエフ:パフタコル:2(0-0-2)
27:グロム・ハリムタエフ:ロコモティフ:1(0-0-1)
28:オディル・イサバエフ:ロコモティフ:1(0-0-1)
29:ウルグベク・バカエフ:トボル:1(0-0-1)
30:イルホム・ユヌソフ:ブハラ:1(0-0-1)
31:ハイルッラ・カリモフ:マシャル:1(0-0-1)
32:ノシル・オタクジエフ:ネフトチ:1(0-0-1)
33:バフロム・ハイダロフ:ネフトチ/アンディジャン:1(0-0-1)
34:カモリッディン・ケンジャエフ:ナサフ:1(0-0-1)

歴代受賞者
1992 ヴァレリー・ケチノフ(パフタコル)
1993 ミルジャロル・カシモフ(パフタコル)
1994 イホル・シクヴィリン(マッカビ・ナタニア)
1995 オレグ・シャツキフ(ポリトトデル、ナヴバホル)
1996 パヴェル・ブガロ(パフタコル)
1997 パヴェル・ブガロ(パフタコル)
1998 ミルジャロル・カシモフ(パフタコル)
1999 アンドレイ・アコピャンツ(パフタコル)
2000 ミルジャロル・カシモフ(クリルヤ・ソヴェートフ)
2001 ニコライ・シルショフ(ロストフ)
2002 アレクサンドル・ゲインリフ(パフタコル)
2003 マクシム・シャツキフ(ディナモ・キエフ)
2004 ミルジャロル・カシモフ(アラニア)

(2005/12/21)
ウズベキスタン・フットボール協会公式サイト

ウクライナA代表とU-21代表の来年度の計画



12月20日、ヴァレリー・ロバノフスキー スタディアムのプレスセンターでウクライナ・フットボール協会執行委員会が会見を開き、特に注目を集めたのが代表監督オレフ・ブロヒンU-21監督オレクシー・ミハイリチェンコでした。両者が語った来年の計画を掲載します。

ウクライナ代表監督オレフ・ブロヒン
-今年はA代表史上の成功した一年でした。初めてW杯出場を勝ち取ったのです。今我々には大会に向け徹底的かつ効果的に準備をし、出来るだけ良い結果を出すという課題があります。

計画についてですが、3月初旬に練習試合を行う事になっています。その場合、3つの案があります。パリでコートジヴォワールと試合をするか、ドイツでアメリカと試合をするか、もしくは丁度その頃に開催されるマルタ島でのトーナメントに参加するか、です。実は、そのトーナメントでの対戦相手はまだはっきり分かっていません。3つ目の案を採るなら、02月28日と03月01日の二度ピッチに出る事になります。私の見る所では、この短期間に試合をする事が最善と思われます…。

少々計画発表から逸れますが、御承知の様に、日程上ウクライナ・リーグ最終節は05月14日に、ウクライナ・カップ決勝は05月10日に行われる事になっています。私は最終節を05月10日に移し、ウクライナ・カップ決勝を05月02日に移す様依頼しました。これで選手により多く休息させます。

A代表の準備に話題を戻しましょう。チームは05月16日に集合する事になっており、17日に医師の健康診断とドーピング・テストを受けます。その翌日クロアチアへ発ち、7日間のキャンプをします。その後ドレーニング・スタッフは選手に2日の休暇を出し、その直後に2週間の予定でフランスかオーストリアかスイスへ行きますが、最終決定はまだです。このキャンプ期間に代表は練習試合を3つ行う予定ですが、相手はまだ分かりません。

W杯予選グループで直接当たる対戦相手については、スペインとチュニジアの情報は確実に手に入るでしょう。ルイス・アラゴネスのチームの親善試合3試合をヴラディミル・ヴェレモフが観に行く事になっており、またチュニジアが参加するアフリカ・ネーションズ・カップも観に行く予定です。サウジ・アラビアについては何とか対策する必要があります。オレフ・クズネツォフを派遣する予定でしたが、ビザの問題が起こりました。

W杯での我々の可能性を冷静に検討する必要があります。ウクライナが当たった予選グループは一番手強いとは言えず、我々は突破しなければなりません。それ以上は-運次第でしょう…。以前お話しましたが、ミハイリチェンコのチームから数名の若手を呼ぶ可能性がありますが、ポルトガルでのU-21欧州選手権が終わるまでは呼べません。ちなみに、U-21欧州選手権の日程は2日繰り上げられました。

ウクライナU-21代表監督オレクシー・ミハイリチェンコも自分のチームにとって成功の一年を振り返り、来年の計画を語りました。

-我々のキャンプも2月の末か、三月の頭に行います。私はモスクワへ行って、CISカップのシャフタルの試合を観戦します。チーム入り候補者が出場する事になっていますから。また、ロバノフスキー記念トーナメントにも参加する予定です。その後すぐポルトガルでのU-21欧州選手権決勝に向かいます。

(2005/12/20)
КОМАНДА

スルキス会長とファンの交流会



12月16日、ディナモ会長イホル・スルキスとファンの交流会があり、会長がファンからの質問に答え、現在のスタディアム改修と新スタディアムの建設について及び、クラブの補強について述べました。

ディナモは今後ファンとの交流を重視、ファンに対する公開練習、練習施設コンチャ・ザスパ見学ツアーの企画があり、また、スタディアム近隣にオフィシャルショップが開店するとの事です。

イホル・スルキス
-ファンの皆さんの応援に感謝したく思います。皆さんのお陰で、昨シーズン多くの勝利を収められました。第二期も皆さんに楽しんで頂けるように努め、ディナモの試合観戦が皆さんにとって真のフェスティヴァルになるよう全力を尽くします。

ディナモ・キエフ公式サイト

...続きを読む

FIFA/Coca-Cola World Ranking



FIFAランキングが12月19日に発表されました。ベスト20までと、Динамовцы(ディナモフツィ)の国と個人的に気になる国を載せます。W杯予選グループでウクライナと同組に入ったサウジアラビアとチュニジアも載せました。次回は2006年01月18日発表予定です。

01位:ブラジル(840pts)
02位:チェコ(796pts)
03位:オランダ(791pts)
04位:アルゼンチン(772pts)
05位:メキシコ(768pts)
05位:スペイン(768pts)
05位:フランス(768pts)
08位:アメリカ(767pts)
09位:イングランド(757pts)
10位:ポルトガル(754pts)
11位:トルコ(748pts)
12位:イタリア(741pts)
13位:デンマーク(733pts)
14位:スウェーデン(732pts)
15位:日本(715pts)
16位:ドイツ(708pts)
16位:ギリシャ(708pts)
18位:ウルグアイ(706pts)
19位:イラン(703pts)
20位:クロアチア(701pts)

22位:ポーランド(696pts)

24位:ナイジェリア(692pts)

27位:ルーマニア(686pts)
28位:チュニジア(685pts)

33位:サウジアラビア(663pts)

36位:モロッコ(655pts)

39位:ブルガリア(638pts)
40位:ウクライナ(630pts)

47位:セルビア・モンテネグロ(612pts)

59位:ウズベキスタン(573pts)

61位:ベラルーシ(570pts)

69位:ラトヴィア(550pts)

100位:リトアニア(464pts)

104位:グルジア(459pts)

FIFA公式サイト

フリホリー・スルキスの抽選結果に対するコメント



ウクライナ・フットボール協会会長フリホリー・スルキス

質問:フリホリー・ミハイロヴィッチ、抽選結果についてコメントして下さい。
-予選後誰もがウクライナを重視する様になりました。ライプツィヒでは、ウクライナが予選グループを突破するだろうと言う専門家の声を聞く事がありました。我々は強いけれど、十分突破可能な相手と当たりました。初戦でどこと当たるかはそれほど重要ではありません。その後の試合でチームの調子が良くなる事が重要です。

質問:初戦がここライプツィヒで行われるという一致をどうお考えですか?
-何ら象徴的な事はありません。ライプツィヒにはとても良い印象を受けました。06月14日の初戦後もそうあって欲しいものです。象徴的な事について話を続けるなら、抽選の2時間前に受けたBBCの取材で、私はサウジ・アラビアと同じ組に入りたいと言いました。ついでに言うと、ブロヒンは本戦で当たる可能性があるアフリカのチームのスタイルを研究する為に、サウジ・アラビアとテスト・マッチを考えていました。それが一致です。

質問:スペインをどうお考えですか?
-2004欧州選手権の予選で我々はスペインと互角に戦いました。アウェイでは2:1、キエフでは2:2ですが、長い間リードを保っていたのです。覚えておいでかも知れませんが、どういう訳か、ブリャクがシェフチェンコをピッチから下げました。守備の統率が乱れ、カウンターが決まらなくなりました。それでもロスタイムにホルシュコフが2点目を上げましたが。全体的に、スペインとの試合経験はクラブレベルでも代表レベルでも十分にあります。しかし、スペインが11回もW杯本戦出場を決めている国と言う事を心しておくべきです。

質問:他の相手については何か御存知ですか?
-少しだけです。しかし、チュニジアとサウジ・アラビアが4度もW杯予選を突破した事を忘れてはいけません。それに、1998年と2002年の両国の成功はその時の対戦相手にとって記憶に新しいでしょう。

質問:貴方の考えとブロヒンの考えはとてもよく似ていますね…
-不思議かも知れませんが、それではいけません。果たして、同じ意見を持たずに、大きな目的に向かって進めるでしょうか?

-私スルキスが抽選結果について満足していると思うかブロヒンに訊ねた時の、ブロヒンの答えを知っていますか?ブロヒンは皆さんの輝いた顔を見るように言いました。

-勿論、結果を喜ばしく思います。ペレとカランブーがもっと強い相手を我々に引き当てる可能性もあったのですから。今回の予選の「死のグループ」に比べれば、我々は有利な状況にあります。しかし、幸運か不運かを判断出来るのは06月23日の、グループ最終戦が終わってからです。ところで、FIFAランキングではチュニジアとサウジ・アラビアの方がウクライナより上です。

質問:代表はどこでキャンプをしますか?
-日程が分かったので、協会の全部署に仕事が発生しました。ウクライナ代表はライプツィヒ、ベルリン、ハンブルクで試合をします。ですから、ドイツの首都の近くで良い場所を探すつもりです。代表マネージャーのオレフ・タラダイが抽選直後にスタッフの宿舎を探しに出発しました。そこをウクライナ・フットボールの本部にする予定です。ドイツ側からは100を超える候補地を提案されました。一番良い案を選ぶ事になっています。

(2005/12/12)
DynamoMania_com

...続きを読む

ディナモフツィの休暇先



ディナモフツィの休暇先が出ていたのでお知らせします。

ショフコフスキー夫妻はカリブ諸島へ出掛けました。サーシャは趣味のダイビングを楽しみ、持参の特殊カメラで水中撮影もするそうです。

ヴァシュチュク夫妻は南アフリカへ、シャツキフ夫妻はエジプトの沿岸地帯へ行く予定です。タラス・ルツェンコも近い内にエジプトへ出発予定とのです。

ベルケヴィッチ夫妻、レブロフ夫妻、フセフ夫妻はモルディヴへ行く予定です。レブロフ夫妻は新年はロンドンで過ごす予定です。

リオ・デ・ジャネイロで12月18日にロドリゴとカロリーネさんが結婚式を挙げる事になっており、サン・パウロからクレベルとロドリゴ、ポルト・アレグリからディオゴ・リンコン、大西洋を渡ってイェルコ・レコとマリス・ヴェルパコフスキスが出席予定です。新婚夫婦はモルディヴで残りの休暇を過ごす予定です。

先日結婚したネスマチュニー夫妻はジャマイカに新婚旅行へ行きます。

バドル・エル・カドゥリとアイイラ・ユッスフの休暇はアフリカ・ネーションズ・カップ2006出場で短くなります。来週の頭には代表に合流し、トレーニング・キャンプを始めます。もしモロッコかナイジェリアが決勝に進出した場合、バドルかアイイラは2月中旬までディナモのキャンプに合流出来ません。

(2005/12/14)
КОМАНДА

シェフチェンコが2005年ウクライナ最優秀選手に (BlogPet)

きょう、ドを得点しないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Максим」が書きました。

シェフチェンコが2005年ウクライナ最優秀選手に



シェフチェンコ2005年ウクライナ最優秀選手に選出されました。これで6度目の受賞です。

順位:名前:所属クラブ:得点(1位、2位、3位)
01:シェフチェンコ:ACミラン(伊):1067(300-64-39)
02:ティモシュチュク:シャフタル:720(94-160-118)
03:ロタン:ディナモ:440(53-93-95)
04:ショフコフスキー:ディナモ:346(48-75-52)
05:ヴォロニン:レヴァークーゼン(独):252(14-72-66)
06:フセフ:ディナモ:206(28-32-58)
07:レブロフ:ディナモ:103(13-14-36)
08:フシン:クリルヤ・ソヴェートフ(露):67(4-19-17)
09:ルソル:ドニプロ:58(7-8-21)
10:コシリン:メタルルフ・ドネツク:53(5-11-16)
11:サチコ:ヴォリン:48(4-10-16)
12:ナザレンコ:ドニプロ:58(3-11-11)
13:ヴァシュチュク:ディナモ:33(4-7-7)
14:シシチェンコ:メタルルフ・ドネツク:26(3-3-11)
15:リクン:ドニプロ:10(2-1-2)
16:ベリク:シャフタル:7(0-2-3)
17:ヴォロベイ:シャフタル:7(0-2-3)
18:ミジン:アルセナル:6(0-1-4)
19:シェラエフ:ドニプロ:5(1-0-2)
20:ハイ:イリチヴェツ:4(1-0-1)
21:フェドロフ:ディナモ:4(0-1-2)
22:エゼルスキー:ドニプロ:3(0-1-1)
23:コビン:ザカルパティア:3(0-1-1)
24:ツェリフ:ハルキフ:2(0-0-2)
25:ヴェンフリンスキー:AEK(希):1(0-0-1)
26:ネスマチュニー:ディナモ:1(0-0-1)
27:ヤツェンコ:ハルキフ:1(0-0-1)

(2005/12/09)
Ukrainian Soccer Net
DynamoMania_com

Кубок Первого канала日程変更



イスラエルで来年02月に開催されるКубок Первого канала(直訳するとファースト・チャンネル・カップ)の日程が変更されました。当初は同国のチーム同士がまず戦う事になっていましたが、ディナモ会長イホール・スルキスの要望で変更されました。

2006/02/05
シャフタル・ドネツク - CSKAモスクワ
2006/02/06
スパルタク・モスクワ - ディナモ・キエフ
2006/02/08
シャフタル・ドネツク - スパルタク・モスクワ
2006/02/09
CSKAモスクワ - ディナモ・キエフ

(2005/12/13)
Ukrainian Soccer Net

更新記録



[オレフ・フセフのウクライナ・リーグ第18節「スタル - ディナモ」後インタヴュー]
[アナトリー・デミヤネンコが監督就任]
更新しました。

...続きを読む

U-21欧州選手権開催地決定



15日、UEFAが2006年U-21欧州選手権開催地をポルトガルに決定しました。2007年はオランダに決まりました。

組み合わせ抽選は2006/02/08に行われ、大会は2006/05/23から06/04に開催予定です。

出場国は、ポルトガル、イタリア、セルビア・モンテネグロ、デンマーク、オランダ、ウクライナ、ドイツ、フランスです。

UEFA公式サイト

ウクライナ・カップ準決勝組み合わせ



15日、ウクライナ・カップの組み合わせが決まりました。

第一レグ
2006/03/22
カルパティ - ディナモ
メタルルフ・ザポリジャ - イリチヴェツ

第二レグ
2006/04/12
ディナモ - カルパティ
イリチヴェツ - メタルルフ・ザポリジャ

Ukrainian Soccer Net

アンドリー・フシンの抽選結果へのコメント



アンドリー・フシン

12月10日(土)にキエフで行われたW杯公式ボール「チームガイスト」発表会で、記者に望まれ、普通の靴の為に困難ながらリフティングを披露した後で。

-ブラジルが良かったんだけど、当たらなかった、つまり外れたよ。
-そもそも、どこそこを怖いなんて言っていては、W杯には行けない。予選中、僕らには一定の評価が付く様になった、つまり、どこが相手だろうが、どんな課題でも解決出来る強いチームという評価が。

実はチュニジアとサウジアラビアの事は何も知らない。スペインだけ良く知っているよ、二度戦ったからね。全くもって、やりやすい相手ではない。まず、ボール・コントロールに優れている。うちはボールをあまり持たないからね。次に、スペインは自分達のプレーをする一方で、相手にもプレーさせる。引いて守ったりしない。だから、うまくカウンターをする余地がある。

質問:グループを突破出来る?
-うちは勿論だ。セルビア・モンテネグロの様に、アルゼンチンとオランダの組に入っていたら、多分敗退するだろうね。でも、この場合は…明らかに強いが、よく研究したチームと戦うか、予期出来ないチームと戦うか、どちらが良いかは分からない。

質問:初戦がスペイン戦である事については…
-結構だ。心構えは出来ている!恐れてはいけない!そもそもどうして他者を意識する必要があるだろうか?

質問:誰が個人的にドイツへ応援に来てくれるの?
-近親だけだよ、連れて行ける最大人数は。実際には5人だね。

(2005/12/12)
DynamoMania_com

ウクライナ・カップ準々決勝結果



2005/12/14
メタルルフ・ザポリジャ 3:0 クリバス

2005/12/13
イリチヴェツ 2:0 アルセナル

2005/11/23
カルパティ 1:0 ヴォルスクラ

2005/11/13
ディナモ 2:0 メタルルフ・ドネツク

Ukrainian Soccer Net

アンドリー・ネスマチュニーが結婚!



アンドリー・ネスマチュニーが12月09日結婚式を挙げました。お相手はオリガさん。結婚式は親族、親しい友人のみで行われ、オレクサンドル・メラシチェンコゲオルギ・ペエフも出席しました。

二人の出会いについて、ネスマチュニーはこう語っています。
-オーリャとはカフェで会った。オーリャは友達のデニス・オニシチェンコと一緒に来ていた。電話番号を聞いて、会う約束をした。8ヵ月後、同棲をを始めたんだ。

おめでとう!末永くお幸せに^^

ディナモ・キエフ公式サイト

ウクライナ・リーグ第19節:試合結果と順位



全試合結果
2005/12/07
ディナモ 4:1 ザカルパティア
2005/12/08
チョルノモレツ 1:2 イリチヴェツ
メタルルフ・ドネツク 2:0 ヴォルスクラ
2005/12/10
タヴリア 0:1 メタリスト
クリバス 0:2 シャフタル
FKハルキフ 1:0 メタルルフ・ザポリジャ
ドニプロ 1:0 アルセナル
ヴォリン 0:1 スタル

次節の組み合わせ
2006/03/05
メタリスト - メタルルフ・ドネツク
ヴォルスクラ - チョルノモレツ
イリチヴェツ - ディナモ
ザカルパティア - ヴォリン
スタル - ドニプロ
アルセナル - FKハルキフ
メタルルフ・ザポリジャ - クリバス
シャフタル - タヴリア

順位
01位:ディナモ・キエフ(試合数19:勝16分3負0:得46失11:勝点51)
02位:シャフタル・ドネツク(試合数19:勝15分3負1:得42失8:勝点48)
03位:イリチヴェツ・マリウポル(試合数19:勝9分5負5:得20失19:勝点32)

04位:メタルルフ・ドネツク(試合数19:勝8分7負4:得25失13:勝点31)
05位:チョルノモレツ・オデッサ(試合数19:勝8分4負7:得25失19:勝点28)
06位:メタリスト・ハルキフ(試合数19:勝8分3負8:得24失27:勝点27)
07位:ヴォリン・ルゥツク(試合数19:勝8分2負9:得25失32:勝点26)
08位:FKハルキフ(試合数19:勝7分4負8:得24失25:勝点25)
09位:ドニプロ・ドニプロペトロフスク(試合数19:勝6分5負8:得17失20:勝点23)
10位:ヴォルスクラ・ポルタヴァ(試合数19:勝6分5負8:得17失24:勝点23)
11位:スタル・アルチェフスク(試合数19:勝5分7負7:得16失26:勝点22)
12位:クリヴバス・クリヴィー・リフ(試合数19:勝5分5負9:得15失20:勝点20)
13位:メタルルフ・ザポリジャ(試合数19:勝5分4負10:得18失28:勝点19)
14位:タヴリア・シンフェロポル(試合数19:勝5分3負11:得13失23:勝点18)

15位:アルセナル・キエフ(試合数19:勝4分5負10:得15失27:勝点17)
16位:ザカルパティア・ウジュゴロド(試合数19:勝2分5負12:得11失31:勝点11)

得点ランキング
12点
ブランドン(シャフタル/14試合)

11点
オレクサンドル・コシリン(メタルルフ・ドネツク/16試合/1pk)

10点
アラ・アコビャン(スタル/17試合/3pk)、ヴァシリー・サチコ(ヴォリン/15試合/1pk)

8点
リンコン(ディナモ/12試合/2pk)、セルヒー・シシチェンコ(メタルルフ・ドネツク/15試合)

7点
オレクシー・ベリク(シャフタル/15試合)、オセイ・エマヌエル・オコドゥヴァ(アルセナル/15試合)、マツザレム(シャフタル/7試合)

ウクライナ・リーグ公式サイト

オレフ・ブロヒンの抽選結果に対するコメント



オレフ・ブロヒン
-抽選の時は落ち着いていた。当たった所と戦うだけだからね。どこと当たっても私にとっては殆ど変わりがない。ドイツと当たらなかったのは良かったが。ホスト国と同じ組には誰も入りたくないだろう。

質問:大会に向けてどの様に準備しますか?
-来年の計画を今立てているところで、近い内に全ての予定を組むつもりだ。

質問:大会中のキャンプ地はもう決まりましたか?
-今の所フランクフルトの近くにするつもりだが、公式にはまだ何の手続きもしていない。ごく近い内に全て決定する。

質問:30年前バロンドールを獲得しましたね…
-そう、あれは競技人生で最高の年だった。

質問:では2005年は監督人生で最高の年ですか?
-監督としてはまだまだ成功を収めたいと思っているよ。が、勿論W杯出場を決めたのは好成績で、ウクライナ中の人が喜んでくれた。

質問:ウクライナでは代表の活躍が期待されています。代表の可能性はどの位だと思いますか?
-優勝の可能性?(微笑)。恐らく1:100だろうね!

質問:何位に入りたいですか?
-その話はまだ早過ぎる。勿論、ファンに喜んでもらえる様努力するが。

(2005/12/11)
DYNAMO KYIV page by Shurik

Template Designed by DW99