FC2ブログ

ショフコフスキー、3月末には復帰か?

キーパー・トレーナーのミハイル・ミハイロフの話では、ショフコフスキーの回復は順調で、早ければ3月末には戦列復帰の可能性もあるとの事です。

ミハイル・ミハイロフ
「ショフコフスキーの回復は予想以上に速く進んでいます。今はランニングを始め、エアロバイクに乗っています。一週間後には、肩の関節が癒着して筋肉を動かせるようになり、そしてボールを使った練習が出来るでしょう。まだダイビングキャッチの練習は出来ませんが、それでも見通しは明るいものです。オレクサンドルがいつ復帰するか、明言は難しいのですが、おそらく、3月末には全体練習に加わって、試合に出られるでしょう。

持っている経験と人生哲学を考慮すれば、オレクサンドルには十分復帰するだけの力があります。今後、ダイビングキャッチや一対一で、恐怖や精神的なコンプレックスを感じる事はないかと?ありません。もっと酷い怪我をした事もあるのです、その時は肩を完全に脱臼していました。それでも復帰し、以前よりも高いレベルに成長したのです。」

(2006/02/27)
DYNAMO KYIV page by Shurik

...続きを読む

スポンサーサイト



マルツヴァラーゼとミハリクがディナモと契約!

26日にテレビ番組"На футбол!"に出演したアナトリー・デミヤネンコが話した所では、オタル・マルツヴァラーゼとタラス・ミハリクがクラブと契約を結んだとの事です。

(2006/02/27)
DYNAMO KYIV page by Shurik

...続きを読む

今年のロバノフスキー・カップはU-21代表戦

今年の05月11日から15日に開催予定のロバノフスキー・カップU-21代表が参加すると、ウクライナ・フットボール協会が26日に発表しました。

今の所、参加が決定しているのはイスラエルのみで、ロシアイランポーランドと目下交渉中です。

(2006/02/27)
DYNAMO KYIV page by Shurik

С днём рождения,Андрей !

今日はアンドリー・ネスマチュニーの27回目の誕生日です。

С днём рождения, Андрей

アジアカップ予選:ウズベキスタン 5:0 バングラデシュ後の両監督インタヴュー

アジアカップ予選:ウズベキスタン 5:0 バングラデシュ後の両監督インタヴュー

ウズベキスタン代表監督ヴァレリー・ネポムニヤッシー
「今季初の公式戦にしてはとても良いプレーをしたと思います。結果もプレーも満足のゆくものでした。しかしドーハでの第二試合でジェパロフが出場停止になったのは問題です。

追加のストライカーを入れてジェパロフの穴を埋めますが、まだドーハで何をするかさえ考えていません。

(管理人補足:前半32分で負傷交代した)ソリエフの怪我は大したものではないと思います。怪我は心配です。この様な難しくない試合で怪我をするとしたら、愚かな事です。

しかし最も心配なのは準備時間の不足です。次の試合で誰を使えるか知る必要があったので、交代枠は3つ全て使いました。

明日は選手を休ませて、明後日からドーハでの試合まで毎日二度練習を行う予定です。

バングラデシュ戦は驚くほど厳しいものでした。バングラデシュは必ず将来強くなるでしょう。初戦でバングラデシュと当たったのは幸運でした。次の試合から、バングラデシュは他チームにとって脅威となるでしょうから。」

バングラデシュ代表監督ディエゴ・クルシアニ
「ウズベキスタンのプレースタイルは好きです。ピッチを広く使って、サイドを活かしていました。多くの危険なクロスを上げてきました。ウズベキスタンがあまりに多くのチャンスを作るものですから、たった5ゴールで済んで我々は幸運でしたよ。

次の香港戦ではもっと攻撃的にプレーします。まず第一に、私はアルゼンチン人ですから攻撃的なプレースタイルが好きです。第二に、香港はウズベキスタンより弱いですから、我々には今回より勝つ見込みがあります。

一番大切なのは、高いレベルでの試合をする機会を持つことです。成功する為にはバングラデシュは懸命に練習する必要がありますが、身体面や技術面の練習だけではいけません。選手や役員の精神面を変える必要があります。」

(2006/02/23)
The AFC Asian Cup 2007 Official Website

テストマッチ:ディナモ・キエフ 2:0 タヴリア後のコメント

テストマッチ:ディナモ・キエフ 2:0 タヴリア後のコメント

アナトリー・デミヤネンコ
「たとえ親善試合でも、選手に要求するのは勝利のみです。勝つ為には「出来ない」などと言わず、全力を出す必要があります。順調に事が進んでいて嬉しいです。本当の試練はこれからですが。タヴリア戦のチームのプレーにはとても満足しています。第一に、全員が真剣にプレーし、誰も試合から消えたりしませず、高レベルの試合でした。私はいつも選手にはこの様な試合をしてもらいたいのです。」

セルヒー・フェドロフ
「僕らは確実で組織的な守備をしました。ポジションと守備範囲を仲間と取り換えながら、個人としても特にミスなくプレーしました。公式戦でも恥ずかしくないレベルのプレーをした時間帯もあります。とても暑い気候の下で、試合開始時間が早すぎた事は少々厄介でした。冬に気温28℃でプレーする事には鳴れていないのです。」

バドル・エル・カドゥリ
「今は非常に力が充実していると感じます。前半きっちりプレー出来ましたし、自分ではもっとプレー出来たと思います。言葉なしに仲間と意思の疎通が出来て、計画通りにプレー出来たらとても素晴らしい事です。この試合で僕らはタヴリアを上回っていましたから、本当はあと2~3点は決められたでしょう。それはもっと大切な試合にとっておきます。」

試合後すぐにディナモ一行はチャーター便でキエフに戻りました。選手は土曜は休養日です。日曜日にはロタン、レブロフ、フェドロフ、ネスマチュニー、フセフ、ヴァシュチュクがウクライナ代表に、ミハリクとミレフスキーがU-21ウクライナ代表にそれぞれ合流し、残りの選手はコンチャ・ザスパで天然芝の上で練習をします。準備はあと少しで、03月05日にはイリチヴェツ戦です。

(2006/02/25)
ディナモ・キエフ公式サイト

ガヴランチッチがチーム復帰 (BlogPet)

全体は、キエフ公式サイトをガヴランチッチしたゴラン・
ガヴランチッチですが、キエフ公式サイトを練習しなかったよ
全体は、数日間個人メニューをこなした後で全体練習に参加する模様です
(2006/0)
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Максим」が書きました。

テストマッチ:ディナモ・キエフ 2:0 タヴリア

テストマッチ
ディナモ・キエフ 2:0 タヴリア
日時:2006/02/24
得点レブロフ 35、ロタン 55

ディナモ・キエフ:リブカ - ロドリゴ、ロドルフォ(フェドリフ 50)、フェドロフ、エル・カドゥリ(ネスマチュニー 74)、フセフ(エッシェンコ 64)、ロタン(チェルナト 66)、ディオゴ・リンコン(ベルケヴィッチ 69)、ミハリク、レブロフ(ニンコヴィチ 69)、ミレフスキー(ヴェルパコフスキス 69)

ベンチ:レヴァ、ネスマチュニー、ニンコヴィッチ、エッシェンコ、ベルケヴィッチ、フェドリフ、ヴァシュチュク、マルコヴィッチ、チェルナト、ヴェルパコフスキス

タヴリア:トディッチ、オモコ、アミスラシヴィリ、ヴァシリャウスカス、ヴィシュネフスキー、ヴェイクタス、スニトコ、イョクシャス、コルネフ、エドマル、コフパク

(2006/02/24)
ディナモ・キエフ公式サイト

С днём рождения, Александр!

今日はオレクサンドル・ヤツェンコの21回目の誕生日です。

С днём рождения, Александр

アジアカップ予選:ウズベキスタン 5:0 バングラデシュ

AFC Asian Cup 2007予選
ウズベキスタン 5:0 バングラデシュ
日時:2006/02/22 16.00
場所:パフタコル・スタディオン(タシケント)
観衆:17,000
主審:イブロヒム・アブドゥルハミド(バーレーン)
得点アレクサンドル・ゲインリフ 9、51、セルヴェル・ジェパロフ 24、マクシム・シャツキフ 35、83
イエローカードジェパロフ 46、72 - ムンナ 23、マムン 32
レッドカードジェパロフ 72

ウズベキスタン:サフォノフ、フォドロフ、アリキュロフ、ジェパロフ、ソリエフ(ニコラエフ 32)、カルペンコ、ビクマエフ(コシェレフ 54)、ゲインリフ、シャツキフ、カパーゼ、デニソフ(ラドケヴィッチ 76)

バングラデシュ:ホクエ(ブハッタルジ 15)、ホッセイン、バルマン、マムン、ムンナ(カンチャン 80)、アルマン、アフメド(ウッザル 54)、カーン、アジズ、スジャン、アメリ

試合前にはウズベキスタン・フットボール協会会長ミラブロル・ウスマノフから、昨年度ウズベキスタン最優秀選手マクシム・シャツキフにボールをかたどったクリスタル・カップが手渡されました。

チームフォトや授与式の写真も載っています。
http://www.uzfootball.com/content/view/1085/
http://www.uzfootball.com/content/view/1087/

(2006/02/22)
ウズベキスタン・フットボール協会公式サイト

Group Fその他の試合結果と順位

香港 0:3 カタール

01位:ウズベキスタン(試合数1:勝1分0負0:得5失0:勝点3) 01位:カタール(試合数1:勝1分0負0:得3失0:勝点3)
03位:香港(試合数1:勝0分0負1:得0失3:勝点0)
04位:バングラデシュ(試合数1:勝0分0負1:得0失5:勝点0)

The AFC Asian Cup 2007 Official Website

アジアカップ予選バングラデシュ戦に向けたウズベキスタン代表リスト

アジアカップ予選バングラデシュ戦に向けたウズベキスタン代表が発表されました。

GK:エフゲニー・サフォノフ(1)、イグナティ・ネステロフ(12)
DF:アンドレイ・フョドロフ(3)、アスロル・アリキュロフ(5)、アレクセイ・ニコラエフ(17)、イルホミョン・スユノフ(19)、イスロム・イノモフ(24)、ヴィタリー・デニソフ(25)、ヴラディミル・ラドケヴィッチ(33)
MF:ヴィクトル・カルペンコ(10)、レオニード・コシェレフ(6)、セルヴェル・ジェパロフ(8)、マラト・ビクマイエフ(13)、ヴラディスラフ・キルヤン(14)、ティムル・カパーゼ(18)
FW:アンヴァル・ソリエフ(9)、アレクサンドル・ゲインリフ(15)、マクシム・シャツキフ(16)、ウルグエフ・バクォエフ(20)、ザファル・ホルムドロフ(29)

(2006/02/22)
ウズベキスタン・フットボール協会公式サイト

ディナモ-2のキャンプ状況

ディナモ-2のキャンプはキプロスで進行中です。

ディナモ-2はルーマニア・リーグ12位のパンドゥリを1:0で降し、パヴェル・クセンズが得点しました。

22日にはキプロス・リーグ5位のエノシスと、25日はアメリカのクラブと、28日にはキプロスリーグ7位のネア・サラミナと戦います。

キャンプ参加者
GK:デニス・ボイコ、レオニード・ムシン、ロマン・ザグラチコ
DF:ゴラン・サブリッチ、オレフ・ドピルカ、オレクサンドル・ザリツキー、イカ・コルトゥア、ヴィタリー・マンジュク、オレクシー・ドフヒー、カハ・アラダシヴィリ、ヴァディム・オリシュチュク
MF:イェルコ・レコ、デニス・デデチコ、オレクサンドル・シトニク、パヴェル・クセンズ、イホル・ペトコヴィッチ、ヴァディム・ミルコ、オレクサンドル・ステパニシン、マクシム・フェドロフ、スタニスラフ・ホンチャルク
FW:ヴォロディミル・リセンコ、イホル・ルドゥク、エフゲニー・ナドトチー、アタナス・チェピロフ、ニコライ・モロジュク

(2006/02/22)
ディナモ・キエフ公式サイト

マクシム・シャツキフが帰国

21日、マクシム・シャツキフが、22日のAFC Asian Cup 2007予選バングラデシュ戦(H)に参加する為、帰国しました。03月01日のカタール戦(A)終了後にキエフに戻ってきます。

(2006/02/21)
DYNAMO KYIV page by Shurik

ガヴランチッチがチーム復帰

昨年11月に膝を手術したゴラン・ガヴランチッチですが、数日間個別メニューをこなした後で全体練習に参加する模様です。

(2006/02/21)
ディナモ・キエフ公式サイト

オタル・マルツヴァラーゼのインタヴュー

カハ・カラーゼのディナモ・トビリシからACミランに至るスター街道は長らく多くの若いフットボリストにとってお手本となっている。グルジアでは、カハの成功の一因にディナモ・キエフでの訓練を挙げ、これが若いDFを欧州クラスにしたと考えられている。ディナモ・キエフでテストを受けているオタル・マルツヴァラーゼはカラーゼが全てにおいて自分の手本である事を隠さない。

オタル・マルツヴァラーゼ
-国ではカラーゼは国の英雄です。何年も国中がミランを応援していますが、ファンが首を長くして待っているのは次の欧州予選です。特にカラーゼのプレーが観られるホーム戦を待っています。国では、フットボリストとしてのカハを作り上げたのはディナモ・キエフとヴァレリー・ロバノフスキーだと皆が考えています。カハは全世代のフットボリストに高い目標を与えました。

質問:どうしてディナモ・キエフを選ぶ事になったの?
-僕はもう、グルジア・リーグのレベルではこれ以上成長出来ません。ここでは何十ゴールも決められますから、そういう選手をそれ以上育てようとは誰もしないでしょう。それに、僕は代表に呼ばれ始めました。そこではイアシヴィリ、アシュヴェティア、コビアシヴィリ、アサティアニ他、とても優れた選手と競争する必要があります。

僕の代理人はいくつかの案を持ってきましたが、僕はその中で一番興味深いものを選びました。目下、まだディナモと契約を結んでいません。テストを受けているところです。チームがイスラエルから戻った時に結論が出ると聞いています。

質問:自分には最初からスタメンに定着する力があると思っている?
-この世に不可能な事などありませんが、時間は必要です。僕は今迄これ程優秀なチームメイトと練習をした事がなく、レベルの高さと決断の早さには練習初日に随分驚かされました。キャンプも3度目になると、少し慣れてきましたし、まだ全体練習から外れた事はありませんが、始めの内は楽しくありませんでした。WIT-Georgiaではテクニカルなプレーに慣れていて、スペースがあって自由に使えました。あそこではFWは滅多に守備に戻らないので、リーグで20得点も上げられるのです。僕は自分がディナモでプレー出来ると感じていますが、始めは新しい訓練になれる必要があります。その為にしばらくディナモ-2でプレーする必要があるなら、その覚悟は出来ています。

質問:フットボールでの経歴を話してくれるかな、分かっている限りで言えば、イスラエルでプレーする事は最終目標ではなかったでしょう…
-イスラエルでは、ハポエル・テル・アヴィヴで半年プレーして、それからグルジアへ戻りました。11歳まで学校のチームでプレーしていました。そこで往年のディナモ・トビリシの選手、テンギズ・スラクヴェリーゼの目に留まりました。スラクヴェリーゼはフットボール・スクールを持っていて、僕はそこで16歳まで訓練を受けました。そこからイスラエルへ見習いに行きました。それから、WIT-Georgiaからオファーが来ました。プロ最初のシーズンは一部リーグに出ていましたが、18歳でトップ・リーグに出始めました。トップ・チームに呼んでくれたのはイタリア人のカルナヴァーレで、当時チームを指揮していました。

質問:家族にフットボール関係者はいる?
-僕には2人兄弟がいて、一人は90年代にトップ・リーグのトルペド・クタイシでプレーしていました。今、兄は33歳で、第一線は退いています。今は僕に家族の期待が全てかかっています。

質問:ディナモへの招待と、代表召集が同時に起こった…
-代表のシャツを着てプレーした事はまだありませんが、練習には参加しました。昔、ジュニアでプレーし、アンダーでは4試合に出ました。今月の代表戦ではデビューしたいです。23日にはディナモのキャンプを離れて代表と一緒にマルタへ行き、4カ国トーナメントに参加します。それからキエフに行きます。スタメン目指して闘いますよ。

(2006/02/18)
ディナモ・キエフ公式サイト

テストマッチ:ディナモ・キエフ 1:1 タヴリア

テストマッチ
ディナモ・キエフ 1:1 タヴリア
日時:2006/02/18
得点マルツヴァラーゼ 57 - ヴァシリャウスカス 04

ディナモ・キエフ:リブカ - フセフ(エッシェンコ 58)、ヴァシュチュク(ロドリゴ 46)、フェドロフ、ネスマチュニー(エル・カドゥリ 46) - ベルケヴィッチ(フェドリフ 46)、ロタン(ニンコヴィッチ 66)、ディオゴ・リンコン(チェルナト 66)、レブロフ(マルツヴァラーゼ 46) - ミレフスキー、ヴェルパコフスキス(ミハリク 46)

タヴリア:トディッチ、オモコ、アミスラシヴィリ、ヴァシリャウスカス、ヴィシュネフスキー、ヴェイクタス、イョクシャス、コルネフ、エドマル、コフパク

(2006/02/18)
ディナモ・キエフ公式サイト

ウクライナ代表のW杯前親善試合日程

18日、ウクライナ代表のW杯前親善試合日程が発表されました。

2006/06/02 イタリア

2006/06/05 フットボール・クラブ(相手は未定)

2006/06/08 ルクセンブルク

(2006/02/18)
Ukrainian Soccer Net

С днём рождения, Анатолий Васильевич!

今日はアナトリー・デミヤネンコの47回目の誕生日です。

С днём рождения, Анатолий Васильевич

更新記録 (BlogPet)

きょうLioの、完了した。
ここにLioでドルは更新した?
きのうはLioがお礼したかったみたい。
ここにお礼したの?
ここでお礼しなかったよ。

КубокПервогоканалаディナモ・キエフ1:1スパルタク・モスクワ日時:2006)ディナモ・キエフ:リブカ-フセフ、ロドルフォ、ロドリゴ、ネスマチュニー-ベルケヴィッチ、ロタン、ディオゴ・リンコン、レブロフ-クレベル、ヴェルパコフスキスベンチ:ルツェンコ、フェドロフ、フェドリフ、デデチコ、ニンコヴィッチ、チェルナト、シャツキフ、ミレフスキー、マルツヴァラーゼ、エッシェンコスパルタク・モスクワ:コヴァレフスキー-イーラネク、イェンチ、デドゥラ、コヴァチ、ボヤリンツェフ、モーツァルト、ティトフ、コヴァルチュク、カリニチェンコ、パヴリュチェンコベンチ:ズエフ、レブコ、タマシュ、コバノフ、カヴェナギ、ピャノヴィッチ、トルビンスキー、アレニチェフ、オヴス-アベイエ(2006/06)ディナモ・キエフ公式サイト



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Максим」が書きました。

С днём рождения, Сергей!

今日はセルヒー・フェドロフの31回目の誕生日です。

С днём рождения, Сергей

マクシム・シャツキフのインタヴュー

マクシム・シャツキフ

質問:マクシム、どうしてКубок Первого каналаに出場しなかったの?
-その質問は監督にした方が良い。

質問:間違いでなければ、怪我をしていたね。
-ちょっとした怪我をしていたけれど、スパルタク戦前にはフル出場する準備は出来ていた。どうして結局出場せずじまいになったかは、答えようがない。

質問;アナトリー・デミヤネンコはその事について何か言っていた?
-これについては何ら話し合わなかった。

質問;ハポエル戦はどうして出場しなかったの?
-試合前のウォームアップで脛に痛みを感じて、100%の力でチームの役に立てないと分かり、ピッチを出たんだ。

質問:今も怪我は痛む?
-全然、全力で練習している。

質問:Кубок Первого каналаでの戦いの緊張感はどうだった?
-全試合がかなり高いレベルで行われた。準備段階でちょっとした誤算があったけれどね。ロッカールームか、あるいはベンチで…

質問;傍目には、単なる親善試合に見えなかった。
-当然だよ、誰も負けたくなかったし、それに金銭面は最終目的ではなかった。この様なクラブと試合をする時は、(管理人補足:元から高い)モチヴェーションをわざわざ上げようとする必要はないんだ。

質問:ディナモファンの応援を感じた?
-他のチームへの応援に比べて、一番力強い応援だと感じたよ。

質問:UAEとイスラエルでは、どちらがキャンプしてみて良かった?
-UAE。設備が良かったし、それに天候も安定していたから。とは言うものの、フットボリストの仕事は練習であって、練習場所を選ぶ事ではない。

質問:イスラエルの方が身体的に楽だった?
-原則的に、最初のキャンプでも二度目のでもボールを使った練習をしていたから、特別な違いは感じなかった。ただ、UAEでの方が筋トレとランニングが多かった。

質問:若手と新人はイスラエルで良い所を見せた?
-皆しっかり練習して、自分の一番良い所を見せようと頑張っている。かなり重要な事だけれど、言葉の問題もない。

質問:GKのリブカを高く評価する声が多い。
-この話をするのはまだ早いと思う、サーシャはまだ若過ぎるから。スタメンに定着するにはまだ時間が必要だ。若い選手の精神状態に影響する恐れがある以上は、肯定的な事も否定的な事も言うべきではない。

質問:スパルタク戦にもCSKA戦にも出場出来なかった事で、監督に遺恨はない?
-どんな選手でもスタメンに入れなければ、ある程度不満は感じると思うよ。けれど、僕の仕事はいつでもチームの役に立てる様に準備しておく事であって、誰をスタメンに入れて、誰を入れないかを決める事ではない。それは監督の特権だ。監督が結果に責任を持つ以上はね。

質問:イスラエルでの最終キャンプで、自分をスタメンに入れなかったのは単なる間違いだったと証明するつもり?
-僕はいつでも全力で練習をして、自分に求められている事を果たそうと努力しているけれど、それ以外はトレーニングスタッフ次第だね。

質問:次のキャンプ前に休息出来た?
-一番大切なのは、妻子に会った事だ。会えなくてとても寂しかったから…

(2006/02/16)
ディナモ・キエフ公式サイト

FIFA/Coca-Cola World Ranking

FIFAランキングが02月15日に発表されました。ベスト20までと、Динамовцы(ディナモフツィ)の国と個人的に気になる国を載せます。W杯予選グループでウクライナと同組に入ったサウジアラビアチュニジアも載せています。次回は2006年03月15日発表予定です。

01位:ブラジル(837pts)
02位:チェコ(793pts)
03位:オランダ(791pts)
04位:アルゼンチン(769pts)
05位:フランス(766pts)
06位:スペイン(765pts)
06位:メキシコ(765pts)
06位:アメリカ(765pts)
09位:イングランド(758pts)
10位:ポルトガル(756pts)
11位:トルコ(746pts)
12位:ナイジェリア(738pts)
12位:イタリア(738pts)
14位:デンマーク(735pts)
15位:スウェーデン(729pts)
16位:カメルーン(727pts)
17位:エジプト(714pts)
18位:日本(712pts)
19位:ギリシャ(706pts)
19位:ドイツ(706pts)

23位:チュニジア(701pts)
23位:クロアチア(701pts)

26位:ポーランド(697pts)

30位:ルーマニア(685pts)

34位:ロシア(684pts)
35位:サウジアラビア(661pts)
36位:モロッコ(654pts)

41位:ウクライナ(627pts)

47位:セルビア・モンテネグロ(611pts)

61位:ウズベキスタン(571pts)

63位:ベラルーシ(568pts)

67位:ラトヴィア(558pts)

100位:リトアニア(465pts)

105位:グルジア(457pts)

(2006/02/15)
FIFA公式サイト

U-21:イスラエル戦に向けたウクライナ代表発表

15日、02月28日にイスラエルで行われるU-21イスラエル戦に向けたU-21ウクライナ代表が発表されました。

GK:アンドリー・ピャトフ(ヴォルスクラ)、オレクサンドル・リブカ(ディナモ)、エフゲン・シリャエフ(チョルノモレツ)
DF:アンドリー・ヴァシュライ、オレクサンドル・ロマンチュク(アルセナル)、オレフ・ドピルカ(ディナモ)、ミコラ・イシチェンコ(カルパティ)、ドミトロ・ネフミヴァカ(メタルルフ・ザポリジャ)、ドミトロ・チフリンスキー(シャフタル)、フリホリー・ヤルマシュ(ヴォルスクラ)、オレクサンドル・ヤツェンコ(FKハルキフ)
MF:オレクサンドル・アリエフ、セルヒー・シリュク(メタルルフ・ザポリジャ)、タラス・ミハリク、オレクサンドル・シトニク(ディナモ)、アンドリー・オベレンコ、エフゲン・チェベリアチコ(FKハルキフ)、アドリアン・プカニチ(イリチヴェツ)
FW:イヴァン・クリヴォシェエンコ(イリチヴェツ)、アルテム・ミレフスキー(ディナモ)、マクシム・フェシュチュク(カルパティ)

(2006/02/15)
ウクライナ・フットボール協会公式サイト

親善試合:ディナモ・キエフ 2:1 アンダー・イスラエル代表

親善試合
ディナモ・キエフ 2:1 アンダー・イスラエル代表
日時:2006/02/15
得点シャツキフ 42、ロタン 49 - ベン・シュシュマン 87

ディナモ・キエフ(前半):ルツェンコ - マルコヴィッチ、ロドリゴ、ヴァシュチュク、エル・カドゥリ - ミハリク、チェルナト、レブロフ(c)、マルツヴァラーゼ - ミレフスキー、シャツキフ

ディナモ・キエフ(後半):レヴァ - エッシェンコ、ロドルフォ、フェドロフ、フェドリフ - ニンコヴィッチ、ロタン、フセフ、マルツヴァラーゼ - ヴェルパコフスキス、クレベル(ミハリク 74)

(2006/02/15)
ディナモ・キエフ公式サイト

ディナモ・キエフがイスラエルへ出発

02月14日、ディナモ・キエフが最後のキャンプに向けてイスラエルへ出発しました。キャンプ地はテル・アヴィヴから80kmの都市、カイサリアです。キャンプは26日まで続きます。

参加選手
GK:ヴィタリー・レヴァ、タラス・ルツェンコ、オレクサンドル・リブカ
DF:セルヒー・フェドロフ、アンドリー・ネスマチュニー、ロドルフォ、ロドリゴ、ヴィタリー・フェドリフ、アンドレイ・エッシェンコ、マリアン・マルコヴィッチ、ヴラシスラフ・ヴァシュチュク、ゴラン・ガヴランチッチ、バドル・エル・カドゥリ
MF:ヴァレンティン・ベルケヴィッチ、ディオゴ・リンコン、オレフ・フセフ、ルスラン・ロタン、タラス・ミハリク、セルヒー・レブロフ、フロリン・チェルナト、ミロシュ・ニンコヴィッチ
FW:クレベル、マクシム・シャツキフ、マリス・ヴェルパコフスキス、オタル・マルツヴァラーゼ、アルテム・ミレフスキー

現地では3試合の親善試合が予定されており、相手はそれぞれアンダー・イスラエル代表タヴリアマッカビ・テルアヴィヴです。デミヤネンコ監督は追加の試合が組まれる可能性は否定していません。

(2006/02/14)
ディナモ・キエフ公式サイト

アゼルバイジャン戦に向けたウクライナ代表発表

13日、02月28日にアゼルバイジャンバクーで行われる親善試合アゼルバイジャン - ウクライナに向けたウクライナ代表が発表されました。

GK:ボフダン・シュスト(シャフタル)、ヴャチェスラフ・ケルノゼンコ(ドニプロ)

DFヴラディスラフ・ヴァシュチュクセルヒー・フェドロフアンドリー・ネスマチュニー(ディナモ)、ヴャチェスラフ・スヴィデルスキー(アルセナル)、アンドリー・ルソル、ヴォロディミル・エゼルスキー(ドニプロ)

MFオレフ・フセフ、ルスラン・ロタン(ディナモ)、アナトリー・ティモシュチュク(シャフタル)、マクシム・カリニチェンコ(スパルタク、露)、アンドリー・フシン(クリルヤ・ソヴェートフ、露)、オレクサンドル・クチェル(メタリスト・ハルキフ)、オレフ・シェラエフ、セルヒー・ナザレンコ(ドニプロ)

FWセルヒー・レブロフ(ディナモ)、オレクシー・ベリク、アンドリー・ヴォロベイ(シャフタル)、アンドリー・ヴォロニン(レヴァークーゼン、独)、アンドリー・シェフチェンコ(ミラン、伊)、セルヒー・セレブレンニコフ(シャルルロワ、ベルギー)

(2006/02/13)
ウクライナ・フットボール協会公式サイト

ヴャチェスラフ・フロズニーのアリエフについてのコメント

メタルルフ・ザポリジャ監督ヴャチェスラフ・フロズニー
アルセナル・キエフで仕事をしていた頃から既に、アリエフの獲得を望んでいました。私のフットボール観にぴったりの選手です。ピッチ上で考えてプレーをし、技術とスピードがあります。アリエフには成功する為の全てが備わっています、チフリンスキーやシチョフ、フセフやその他の私が指導してきた多くの若手と同様に。サーシャは理想的なリーダーですから、トップ・リーグでのザポリジャの試合でもっと精神的に強くなる必要があります。お手本となる様なゴールを決め、リザーヴや下部リーグではなく、トップレベルでの試合を楽しんでくれればと思います。ディナモ・キエフの協力に感謝していますし、アリエフにトップ・リーグで力を発揮する機会を与えたディナモ・キエフの行動は正当だったと思います。

(2006/02/10)
メタルルフ・ザポリジャ公式サイト

アナトリー・デミヤネンコのインタヴュー

アナトリー・デミヤネンコ
フットボールは観客の為のものですが、この試合はファンに気に入ってもらえたに違いないと思います。ピッチ中で男らしい戦いがあり、誰一人相手に譲ろうとはしませんでした。試合中の緊張で、私はソヴィエト・リーグでのうちの戦いを思い出しました。我々は最高の結果を目指しましたが、全てが上手くいった訳ではありませんでした。例えば、私は選手にもっと後ろから攻撃に参加する様に指示を出していたのですが。総じて、うちの動きはミスなしでは済みませんでしたが、リーグ再開までまだ時間がありますし、修正する様に努力します。

(2006/02/11)
DynamoMania_com

今後のキャンプ予定

02月10日、チームは二度目のキャンプからキエフに戻りました。14日まで休養で、その後再びイスラエルへ向かい、三度目の最終キャンプを行います。キャンプ地はカイサリアです。練習試合の対戦相手の一つは既に決定していて、18日にタヴリアとネタニアで対戦する事になっています。

(2006/02/11)
DynamoMania_com

更新記録

[Кубок Первого каналаについてのディナモフツィのコメント]
更新完了しました。

Template Designed by DW99