FC2ブログ

「白青」戦

カタール代表との練習試合当日、カタールのスポークスマンが、今ドイツでキャンプを張っているので、ディナモ側にそこまで来て欲しいと言ってきました。ディナモ側としてはオーストリアから移動する予定はありませんので、試合は中止となりました。

試合の穴を埋める為、アナトリー・デミヤネンコは2チームを作るに十分な人数が揃っているので、紅白戦ならぬ「青白」戦をする事にしました。試合は35分ハーフで行われました。チーム分けの方針は簡単で、青組は去年スタメンだった選手、白組は夏期キャンプの試合で活躍している選手です。

70分間の試合は激しくも素晴らしい雰囲気で行われました。面白かったのは、トレーナーのヴァレリー・ズエフ、キーパーのオレクサンドル・リブカ、研究員のオレクサンドル・コズロフです。3人は審判をしていて、笛を吹くたびに少なからぬ抗議が起こりましたが、その度にアナトリー・デミヤネンコが「審判は常に正しい!ファールを疑われない様なプレーを目指せ」と抗議を遮りました。

青組は三度リードしましたが、その度に白組が追い付きました。引き分けはどちらにとっても不満でした。それ程に皆が勝ちを狙っていたのです。和気藹々としていましたが、大事な試合でした。

ディナモ(白) 3:3(1:2) ディナモ(青)
得点:ディオゴ・リンコン(16、18)、シャツキフ(47)- チェルナト(12)、ヴェルパコフスキス(31)、ベルケヴィッチ(53)

ディナモ(白):ルツェンコ、ガヴランチッチ、ロドルフォ、エル・カドゥリ、マルコヴィッチ、ユッスフ、コッレア、レブロフ、ディオゴ・リンコン、シャツキフ、ミレフスキー
ディナモ(青):レヴァ、サブリッチ、ロドリゴ、イメダシヴィリ、エッシェンコ、ミハリク、ニンコヴィッチ、ロタン、ベルケヴィッチ、チェルナト、ヴェルパコフスキス

(2006/07/12)
ディナモ・キエフ公式サイト
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://liocalcio.blog37.fc2.com/tb.php/318-60ce20aa

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99