FC2ブログ

アンドリー・イェルモレンコのインタヴュー

質問:(はにかんでいるイェルモレンコに)インタヴューには慣れていないの?
-正直に言うと、あまり。

質問:ディナモが自分に興味を持っているとは知らなかった?
-何も知りませんでした。ディナモが僕に興味を持っていると教えてくれたのは、デスナのトマフ監督でした。僕は勿論オファーを受け入れました。

質問:チェルニヒヴ出身なの?
-生まれたのはサンクト・ペテルブルグですが、僕が3歳の頃に家族がこのウクライナの町に移ってきて、そのまま住んでいます。

質問:デスナ以外に所属したクラブはあるの?
-今の所、プロとしてはデスナだけです。ここに来たのはほんの半年前で、それ以前はロコモティヴ・オニクスのユースでプレーしていて、その頃スポーツ学校を卒業しました…

質問:キエフのフットボールアカデミー出身という話だけれど…
-ある程度はそうです。僕は13歳の時にディナモ・キエフのアカデミーに入りましたが、一年で故郷に帰りました。アカデミーが嫌だったとか、そういう事ではありません。ただ、あの頃はまだひ弱で、身体が出来ておらず、それで大変だったのです。

質問:今またディナモに戻ったのだけれど、二度目の挑戦はもっとうまくゆくと思う?
-とにかくそうあってほしく思います。ディナモはウクライナ・フットボールの雄で、これ程のクラブと契約する事は、ただ晴れやかで名誉があるというだけではなく、責任を伴う事でもあります。ですから努力に努力を重ねて、結果を出さねばなりません。

質問:まだ付き合いのあるアカデミー時代の知り合いはいる?
-8人程います。皆僕を覚えていてくれましたし、僕も皆を忘れた事はありません。ですから、入りたてでも少しは楽だと思います…

(2006/12/21)
КОМАНДА
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://liocalcio.blog37.fc2.com/tb.php/538-3de85200

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99