FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクライナ・リーグ第21節「ディナモ・キエフ 0:0 メタルルフ・ドネツク」後両監督記者会見

ウクライナ・リーグ第21節「ディナモ・キエフ 0:0 メタルルフ・ドネツク」後両監督記者会見

ディナモ・キエフ監督アナトリー・デミヤネンコ
-厳しい試合になる事は予測していました。残念ですが、計画通りに行きませんでした。試合には不満が残っています。守備にミスがありました。十分解明してゆきます。


質問:相手監督は二人のMFとプリエモフの働きのお陰で達成できた結果だと言いましたが、そう思われますか?
-うちにもボランチはいますよ。ギオアネがプレーしましたが、試合終了間際には少し疲れていました。ブランクが長かったので、まだ本調子ではないのです。また、うちはありえないミスを犯しました。メタルルフの喜びは理解出来ますよ、アウェーでディナモに引き分けたのですから。うちの選手のミスについて具体的に述べるつもりは、現時点ではありません。試合をもっと解明する必要があります。


メタルルフ・ドネツク監督コー・アドリアンセ
質問:今日はどちらがより勝ちに近かったでしょうか?
-ディナモはメタルルフより得点チャンスを作っていたと思います。相手の方が攻撃回数が多く、攻撃的でした。とは言え、味方FWに相手よりスペースがあれば、うちの選手も前線で十分働きました。相手よりうちのFWが作ったチャンスの方が危険だったと私は思います。後半、ミトゥは絶好の機会を利用出来ずに、シュートがクロスバーを越えてしまいました。一番決定的チャンスがあったのはプリエモフですが、キーパーが良かった。キーパーが確実に入った筈の得点からディナモを救ったのです。

質問:選手のプレー内容と試合結果には御満足ですか?
-勿論です!ディナモのようなトップチーム相手に、しかもアウェーで引き分ければいつでも満足ですよ。それ以上に、うちのプレーに満足です。私は将来を見据えています。チームのバランスが取れていたのが重要です。必要に応じて選手はボールを支配し、攻撃を掛けました。今日は100%その通りにはなりませんでしたが。特にうちがボールを持っている時には。あまりに早くボールを失いましたし、思い通りにいかない時もありました。ボールをキープする時は平静であるべきです。ボールを奪われなければ、失点はありません。これは心しておくべきです。

質問:メタルルフが戦術的にディナモを上回ったのか、それともディナモが弱々しいプレーをしたのかどちらだとお考えですか?
-分かりません。CLでのディナモの試合を何試合か観ましたし、ウクライナ・リーグのDVDも観ました。ですから今日のディナモが強かったのか弱かったのかは分かりません。試合内容がはっきりしない時は、こちらが弱いのか相手が強いのか判断しにくいものです。私は自分のチームに満足していますよ。

質問:メタルルフは初めてこの様な強い相手と引き分けましたが、DFの働きには御満足ですか?
-幸運が鍵となる時もあります。前半、ディナモには絶好のチャンスが5回あって、うちは失点しかねなかったのです。

質問:メタルルフとディナモの守備についてコメントして下さい。
-守備のスタイルが違います。ディナモはスペースを広く取った守備をしましたが、うちはもっとスペースを狭く取って相手選手個々に当たりました。オコドゥワはフィジカルの強い選手です。ディナモのFWは皆速く、テクニックに優れ、常に動き回っています。しかしうちの守備が頑張りました。うちのチームでは2人の若手MF、マルシーニュとレアンドロ(デ・ソウザ)の名を挙げておきます。それからプリエモフも。プリエモフは右サイドでプレーして、攻撃に参加しました。もし得点していれば、プリエモフのプレーをもっと評価したのですが。

(2007/04/06)
ディナモ・キエフ公式サイト
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://liocalcio.blog37.fc2.com/tb.php/640-7425fe2e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。